麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

マージャンで生きる人たち 第10回 株式会社日本アミューズメントサービス代表 高橋常幸 「希望が持てる業界を構築し、麻雀で社会を変えたい」

マージャンで生きる人たち 第10回 株式会社日本アミューズメントサービス代表 高橋常幸 「希望が持てる業界を構築し、麻雀で社会を変えたい」
マージャンで生きる人たち

 週刊誌、月刊誌、季刊誌、フリーペーパー等。読者にとって有益な情報やエンターテインメントを発信し続けている雑誌。そのジャンルは、経済、ファッション、スポーツ、趣味の分野まで多岐にわたっている。現在刊行されている麻雀雑誌は『近代麻雀』と『麻雀界』の2誌。今回は元プロ雀士でもある『麻雀界』編集長・高橋常幸さんに話を聞いた。

 

高橋常幸(たかはし・つねゆき)プロフィール

1977年、宮城県生まれ。A型、乙女座。株式会社日本アミューズメントサービス代表。『麻雀界』編集長。日本大学理工学部卒。好きな役はチャンタ。

 

麻雀専門誌『麻雀界』のコンセプトとは?

「愛好家から業界への就職を目指す学生まで。あらゆる麻雀ファンに満足して頂ける誌面作りを心がけています。プロの世界だけでなく、雀荘業界、ゲーム業界、麻雀イベント等、専門誌ならではの視点から情報を取り入れ、それぞれを結びつけて大きな力にしたい。そんな思いで制作しています」

a20160315-DSC_0023

創刊当時は隔月発売だった『麻雀界』。現在は月刊誌。毎月1日発売


 

 

会社を立ち上げたきっかけは?

「日本プロ麻雀協会に所属していた2004年。27歳のときに同団体のプロ4人で『株式会社日本アミューズメントサービス』を立ち上げました。当時、日本プロ麻雀協会の代表だった土井泰昭さんが退会されたことがきっかけでした。土井さんの退会により、進行中だった様々な企画が宙に浮いてしまったんです。それでこの頃、事務局長をやっていた私が引き継ぐことになりまして」

「ただ会社を立ち上げてみたものの、レギュラー仕事は無い状態。それに我々だけでは情報が少ないので、まずは業界で仕事をされている方に挨拶に伺いました。最初に伺った方は、麻雀企画集団バビロン総帥、馬場裕一プロでした。馬場プロからは、編集の仕事をやってみてはとアドバイスを頂きました。さらに雑誌『麻雀四季報』の編集長を務めていた西野孝夫さんに挨拶に伺い、そのご縁で『麻雀四季報』のお手伝いをさせて頂くようになりました」

「馬場プロのアドバイスに基づき、出版社へ企画を持ち込みながら、麻雀の総合サイトも立ち上げました。サイトにはプロ団体や業界情報や動画や漫画の掲載等、とにかく色々なことを試しました。そして会社を立ち上げと同時に日本プロ麻雀協会が展開していたノーレート雀荘『雀王』の経営を引き継ぎ、麻雀と将棋ができる『雀将倶楽部』をオープンしました。正直給料を出せる状態ではなかったのですが、麻雀業界で生活できるための仕事を生み出そうと必死でした」

「ただ社員全員が麻雀プロなので、リーグ戦とイベント取材がぶつかると、リーグ戦が優先になっていました。そうなると、記事や企画よりもプロ活動が優先になってしまい、中途半端でした。したがってプロをやめ、編集として活動していくようになったのです。それからは、麻雀戦術書の編集や、麻雀最強戦の大会責任者など、麻雀関連の様々な仕事もさせて頂けるようになりました」

 

麻雀界創刊の経緯とは?

「私が学生の頃は『月刊プロ麻雀』という専門誌がありました。現在『麻雀界』編集主幹でもある西野孝夫さんが編集していた月刊誌です。残念ながらこの雑誌は、2005年に休刊。その後『麻雀四季報』が創刊されました。四季報とはいえ、不定期刊行だったので、『麻雀四季報』のリニューアルをお手伝いさせて頂いたご縁で、西野さんに定期刊行化のご相談をしました。それで『麻雀四季報』を休刊し、隔月雑誌『麻雀界』として発売することになったのです。この発売を機に『麻雀界』編集長としてかかわるようになりました」

「この発売は大きな決断でした。定期刊行物にする以上、当たり前ですが締め切りがあります。業界誌としてのポジションも確立しなければなりません。取材記事や連載コラムなどの読み物も増やしましたが『麻雀四季報』と同価格でスタートを切りました」

「ただ当時は使命感というより、決断した以上、しょうがない。そんな感覚でした(笑)。その感覚から使命感が徐々に芽生えていきました。『麻雀界』は隔月スタートでしたが、2010年から月刊化。経営していたお店も『雀将倶楽部』から『ノーレート競技麻雀サロン 雀友倶楽部』という店名で秋葉原にオープンしました」

a20160318-麻雀界ニュースNOW4

最新情報や裏話をお届けする『麻雀界ニュースNOW』。スリアロチャンネルやAbemaFRESH!で視聴可


 

 

麻雀をはじめたきっかけ

「2001年。学生だった私は学生将棋界の幹事をやっていました。将棋熱が多少冷めた頃、たまたま学校の近くに日本プロ麻雀協会の道場『雀王』が目に入ったのです。元々麻雀には興味があったところ、プロ団体の道場であれば、きちっとしていると思い、通い始めたことが麻雀との出合いです。それからはあっという間に競技麻雀の虜になりました」

「ちょうどその頃、『日本プロ麻雀協会』が発足されました。雀王によく通っていた私は、同団体のプロテスト受験を勧められ受験したんです。プロ資格が取れたらいいなぐらいの気楽な気持ちでした。でも何よりも、プロとして食べていける団体を目指すというコンセプトに共感していたことが大きかったのだと思います。だから面接でも、打ち手としてどうこうというより、麻雀業界が食べていける世界になるために仕事をしていきたいと話しました。正直にいえば、そのとき考えていた大学の研究員も厳しそうだし、かといって普通のサラリーマンにはなる気がなかった。それなら麻雀業界という未知数の世界も面白いかなと。就活しないでなんとかやるには、この世界で頑張るしかない。そんな気持ちもありましたが(笑)」

 

高橋さんが果たしていきたい役割とは?

「将棋界では、タイトルをいくつか獲れば何千万円という世界。そういった世界を見てきたので、競技麻雀でタイトルを取って何十万円という世界を向上していくためには何が必要なのか。タイトル戦の価値を上げるためにはどうしたらいいのか。業界全体の環境向上とともに日々模索しています。2014年からスタートした『社会人麻雀団体対抗リーグ戦』もその一環です。おもしろいことをどんどん仕掛けていくことがメディアの使命。将棋の世界では、社会人団体対抗リーグ戦は何千人規模でやっているので、麻雀業界でも発展する可能性はあると思います」

「また2010年から、雀友倶楽部のある東京都千代田区の組合長となり、麻雀の幅広い普及を目指す全国麻雀業組合総連合会(全雀連)に加盟しました。組合活動に携わるようになると、それまで知らなかった業界の事情や、風営法を取り巻く環境をはじめ、業界が現状抱えている様々な問題を知ることになりました。実際、2011年に京都府警による雀荘摘発もありました。今後も環境の変化に機微に対応していかなければ、元も子もありません。麻雀の幅広い普及のためには、全国の麻雀店が活発に営業できる環境が必要になります。そのために政治家とのロビー活動も積極的に行い、よりよい環境作りを目指して意見交換を重ねています。組合員も高齢化しているので、若い世代がやっていかなければと感じています」

aa20160315-DSC_0025

「やりたいことは山のようにあります」と語る高橋さん


 

 

好きな言葉

「しょうがない。しかたがない。どうしようもない。この3ないですかね(笑)。使命感といえば、格好いいのですが(笑)」

 

これからこの業界を目指す人へ

「自分が打っても楽しいけど、それ以外にも楽しみ方は山のようにあるのが麻雀です。まだまだ未知数なので、これから入ってくる人にとっては、アイディアひとつで業界全体が変わるビッグチャンスがあると思います。麻雀を取り巻く法改正のように時間のかかる部分は私の方でやりますんで(笑)」

 

高橋さんにとって麻雀とは

「社会を変えられるツールです。麻雀はコミュニケーション、社会福祉、健康増進、経済活性化にもつながっていきます。麻雀ひとつで、社会に影響を及ぼすことができる。そんな力を兼ね備えた優れたツールです。だから麻雀が好きな経営者が多いのもわかる気がします」

 

インタビューを終えて

2020年の東京オリンピック開催に向け、カジノの合法化を柱とするIR法案がニュースになる昨今。麻雀を取り巻く社会環境も、刻々と好転していることは事実。ただ現状、解決すべき事象が山積みであることも事実。高橋さんが語るように、麻雀は社会を変えられる力を持つ素晴らしいゲームであるにもかかわらず、法的にはグレーゾーンのある部分も抱えている。この二律背反に正面から向き合い、希望が持てる業界を目指す高橋さん。今後ますます忙しくなることは間違いない。

文責:福山純生(雀聖アワー) 写真:河下太郎(麻雀ウオッチ)

◎麻雀界
http://www.mahjong-club.net

◎ノーレート競技麻雀サロン雀友倶楽部
http://janyu-kai.com/janyu-club/

 

 

マージャンで生きる人たち back number

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)