麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの戦術本レビュー第100回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その12」

ネマタの戦術本レビュー第100回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その12」
ネマタの戦術本レビュー
2016年09月08日 20:00

Q85 
チートイツとツモのイーペーコーテンパイ。
どちらも見落としやすいですね。2枚以上持っている牌の数を頭の片隅に意識しておくとチートイツの見逃しが減ります。
飛びトイツについても、何切る問題だと切られることが多いですが、他に悪形面子候補があるならイーペーコー目を残した方がよい場合が多いです。
今回は三暗刻もあるのでなおさらです。

Q86 
ドラ3あるのでタンヤオがつく牌は全て鳴いていく手ですが、それでもカンチャントイツよりはリャンメンを優先するのが基本です。

Q87 
チートイツ1シャンテン、面子手2シャンテンとはいえトイトイ以外にも手役があるので面子手になりやすい形ですが、暗刻がある場合は打点的にトイツやアンコを崩すことはあまりありません。
今回はドラ白なのでトイツ手にならなくても打点十分ですが、今度はドラの仕掛けにくさもあり結論は変わりません。

 

つぶやきへのコメント 
名古屋のコーヒーは苦みとコクが強いので、おつまみのピーナッツがよく合うことから普及するようになったそうです。
コーヒーの味がよく分からない私はそんなこと関係なくおつまみがついてくるだけで嬉しいですね(笑)

 

Q88 
悪形三色よりはメンピンドラ1の方がよい手。ドラでないなら打としそうでしたが、ツモアガリ確率計算機によると打の方が良いようです。
確かに一通は2翻、純チャンは3翻で、打の方が広いとはいえ悪形リーチのみになる受け入れが広くなるだけですね。盲点でした。

Q89 
実は当初は打が正解になっていましたが、一通は2翻なのでドラ引き以外は打の方が打点で勝り、を引いた場合も、ドラ表示牌のカンよりはカンの方がよい待ちです。
手役よりドラというのは、一般的に手役は崩れやすくドラは使い切りやすいのでドラを優先することが多いの意味。
今回のように悪形テンパイになった場合は手役が確定する場合は手役を優先することが多くなります。

Q90 
面子候補固定か雀頭固定かを比較する問題も、結局のところは、手が進んだ時によりよい手になりやすい打牌を選べばよいです。
なら、悪形残り不確定三色1シャンテンよりは良形×2の平和1シャンテンの方がよく、タンヤオ変化も残るので打とします。

 

つぶやきへのコメント 
一日中頼める「ランチ」があるように、朝食の意味で使われていた「モーニング」が、転じて単に食事を意味する言葉になったものと思われます。

 

本記事に関するご紹介

すべてが良問、納得の解説!
「何切る」職人が10年かけてストックした1,000問以上のなかから厳選した300問を一挙掲載。
受け入れ枚数をすべて表示し、オリジナル最新理論でシンプル解説。解くだけで麻雀強者の思考が自分のものにできる、「何切る」本の決定版!

G・ウザク (著), 福地 誠 (編集)
発売日:2016年8月6日
定価:本体1,200円+税
AMAZON販売ページ

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)