麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの戦術本レビュー第276回「1秒で見抜くヤバい麻雀心理術 著:鈴木優 その3」

ネマタの戦術本レビュー第276回「1秒で見抜くヤバい麻雀心理術 著:鈴木優 その3」
ネマタの戦術本レビュー
2017年04月18日 20:00

敵の手役を見抜く6大法則

4 鳴き手がタンヤオであれば、ヤオチュウ牌は全て通りますが、そうでなければ通るとは限らず押し引き判断自体が変わってくるので、「鳴いた牌だけ見るとタンヤオだが、河を見ればタンヤオとは考えにくい」ケースを見落とさないことは読みのうえで結構重要です。面子を内側にスライドできる牌があると、があることもあり無意識のうちにスライドさせがちですが、からかのような選択は非常に頻度が高いため、1回1回は結果に差がつくことは少なくても長期で見れば確実に差がつくところなので押さえておきたいところです。

5 ホンイツは安い可能性もありますがチンイツは満貫以上なので、これも押し引き判断への影響が大きいです。私もチンイツの時は比較的安全な牌を残しがちですが、客風から切って役牌を抱えてもそれほどリスクが大きくなるわけではなく、チンイツなら少しでも他家に警戒されないに越したことはないので、チンイツの場合も客風から切った方がいいかもしれませんね。

6 どのような場合にツモ切りリーチをしがちかは打ち手によって結構分かれます。悪形テンパイでも基本は即リーチ、手変わりを目指すなら基本はテンパイ外しというセオリーが浸透していない場所で打つ場合は、役無しダマから当たり牌が切られた後でツモ切りリーチというあまり得策とは言えない選択もまずまず見受けられます。

 逆に、この手のセオリーが身に付いていて、ツモ切りリーチ自体あまり打たないタイプの打ち手のツモ切りリーチは、ダマのままアガってもそれほど損にならない、つまりダマでも高打点の手である可能性が高いので特に注意が必要です。私自身、ツモ切りリーチを本書の1〜5のいずれの理由でも打つことがありますが、大抵はダマでも元々高打点の手です。

 リーチ者の現物で待っている可能性に気付くことも、押し引き判断に大きく影響するので重要です。現物待ちの場合、安牌は手出しして降りたように見せた方がよいことは言えますが、安牌手出しの後で更に危険牌をツモ切るようなら、次の安牌は手出しできても手出しを入れるとかえって警戒されるとみてツモ切りがよいかもしれません。

 現物待ちが読まれやすいツモ切りリーチはNGとありますが、ダマのまま押し続けても切る牌の危険度によっては現物待ちを読まれやすいもの。空切りリーチが可能ならそうするに越したことは無いのは確かですが、いずれにせよリーチ者以外の他家から当分出ることはないと判断した場合は、打点上乗せのためにツモ切りリーチを打つのは悪くないとみます。

本記事に関するご紹介

最強戦の申し子と言われる鈴木優による、麻雀のしぐさ読みで勝つ方法。他人の隠そうとする心理を読めば、待ちは透ける!
 
鈴木優 (著)
発売日:2017年3月15日
定価:本体1,404円
AMAZON販売ページ

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)