麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの天鳳日記 第43回

ネマタの天鳳日記 第43回
ネマタの天鳳日記
2017年04月20日 20:00

 手役狙いで字牌をどこまで残すべきかは結論が出にくい問題です。今回はいただいた質問を例に考察してみることにします。

image001

 白を残せばチャンタ三色までありますが、リーチツモ三色でも3900オール。打として先にを引いた場合ものリャンメンを外すのは微妙なところ。それなら打がよいとみます。を引いた場合は、2枚必要な三色よりも1枚で完成する一通を狙う変化もあります。

image002

 と受けが被っていますが、引きで123三色の目が残っている方がはっきりよいので残します。手拍子で切らないよう注意が必要です。チャンタを最大限にみるなら打ですが、打としてもツモは打としますし、チャンタにならないツモならが残っていた方がよいため打とします。234三色もあるのでなおさらです。

image003

 ダブ東ホンイツまで狙いたい手ですが、へのくっつきで三色もある2シャンテン。第10回で取り上げました通り、を残してもう1枚染め色の牌を引いた場合に、字牌を残して他色の牌(今回は)を切っていくかどうかで判断しますが、今回はも手役絡みなので迷うところです。

 打として引いたピンズがあたりなら、リーチのみ1シャンテンに受けるくらいならホンイツに決めた方がよいとみてを外して問題ないとみます。

 しかし引いたピンズがなら、ツモでも高めでリーチツモダブ東の3900オールがあるので、これならを切って1シャンテンにとるところ。染め色のピンズの中でも、引いた牌によって字牌を残すかどうかが変わってくるので、最大限ホンイツをみる打よりは、ホンイツ以外のアガリもみる打でしょうか。

image004

1メンツもない手なのでホンイツは視野に入れますがドラが。打としてメンツができるを引いた場合、遠いホンイツをみるよりはドラ受けを残す打とするところ。

面子候補ができる引きなら、字牌が重なればホンイツの面子候補が揃うので打で問題ないところですが、こちらもマンズのツモ次第で字牌を残すかどうかが変わるので打が無難とみます。他色のドラ受けがない場合は打とします。

 下2つの判断はあまり自信がありませんが、今回は一転して字牌を切る選択ばかりになりました。「字牌は重なったら嬉しいから残す」とはよく聞きます。しかし、字牌が重なるよりは数牌にくっつく可能性の方が高いので、重なったら嬉しいかどうかを判断基準にすると抱え過ぎになる恐れがあります。

 どちらの選択にも裏目があるなら、「共通の有効牌で比較」と何度も申しておりますように、「重なったときだけ嬉しいならむしろ切る」「すぐに重ならなくてもまだ残すつもりなら残す」というのを目安にされてはいかがでしょう。

この記事を書いた人

ネマタ
ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

サイト:現代麻雀技術論
著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)