麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第10節 寸評-

斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第10節 寸評-
斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ
2016年09月20日 22:47

 第12期雀竜位・斎藤俊プロ(日本プロ麻雀協会)によるプロ対局の寸評がスタートしました。今回は9月18日に行われた「雀王戦Aリーグ第10節(最終節)」です。

雀王戦Aリーグ第10節

本日の結果を以って木原雀王の挑戦権を得るもの、B1リーグに降級する者が決まる。長いようで短い通年リーグも今日の結果の為に各々打ってきたのだ。

会場の雰囲気はこのような感じである。

0031

0032

最終日ということもあり観戦者も多い。Aリーグは採譜者もつく。

10節最終半荘を迎える前の各者のスコアをまとめた。

0030

たろうは決定戦当確。角谷、小川、金が2枠を争う。ざっくりとした条件は下記のようになる。

金はトップかつ、小川が逆連帯、もしくは角谷がラス。
小川は5.9P差を付けて角谷より上の着順なら確定。自身が2着だと金がトップを取った場合、28500点差未満ならOK。
角谷はそれらを満たされなければよい。
参考までに次々点の仲林は150000点トップかつ小川がラスというもの。

残留争いは抜け番都合で起こらなそうである。佐久間や伊達は箱下85000を越えなければ良い。

要は角谷、小川、金を除く全員が局消化をテーマに打つことになる。

 

A卓 角谷-阿賀-小川-宮崎

東2局 ドラ カンドラ

小川が既にリーチを打っていた宮崎から海底で和了

 チー

8000点のリードを持つ。

ここからの小川は当然のガード戦法を取る。

東3局 親 小川 ドラ

 ツモ

自分がすでに捨てているではあるが、8巡目にしてオリに回る。局のテーマにより手牌の価値は如何様にも変化するのだ。しばらくして角谷が8000を阿賀から和了。逆連帯を引かなければ良い2人がマンガンを和了する。

この後は小川が絞り、角谷が刻む。明確な役割と共に淡々と進み終局。

 

B卓 達也-仲林-佐久間-金

北家の金が普段通り丁寧に丁寧に打つ。

東1局 ドラ

 ツモ 打
 ツモ 打
 ツモ 打

一気通貫と三色タンヤオを睨んだのトイツ落とし。単騎で出和了の1300の開局となった。見逃す手もあったが巡目との相談であろう。

東2局 ドラ

達也がファンタジスタっぷりを魅せるマンガン和了。

 ツモ

前巡にを切っている辺りがいかにも達也らしい。

東3局 親番佐久間。和了牌が出るも見逃し。仲林が安手で流す。

東4局 金の大事な親番。今度は佐久間が安手で流す。

南1局 親番達也。流局時テンパイもノーテン宣言で流局。

南2局 仲林親番。下家佐久間が安手で流す。

南3局 仲林が1300/2600で局を進める。

南4局 仲林のアシストの元、佐久間が和了。

僅か8局。呼吸の合った3人の局運びの割を喰い、金はラスを引かされる展開となってしまった。

 

雀王決定戦進出者は、たろう、角谷、小川。そして王者木原が迎え撃つ。
10月15日協会最高峰の戦いがついに始まる―

Aリーグ結果

順位氏名10節
(9/18)
TOTAL
1鈴木 たろう12.5577.4
2小川 裕之160.4504.1
3角谷 ヨウスケ123.7482.0
4金 太賢▲50.7330.1
5仲林 圭▲22.1218.4
6鈴木 達也87.9166.4
7矢島 亨▲70.3135.7
8橘 哲也17.7101.4
9阿賀 寿直▲43.531.1
10宮崎 和樹▲82.6▲180.5
11佐久間 弘行▲82.2▲250.9
12伊達 直樹82.5▲279.9
13蔵 美里▲42.4▲405.8
14鍛冶田 良一86.1▲592.7
15土子 貴智▲178.0▲847.8

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)