麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -女流雀王Cリーグ後期最終節 寸評-

斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -女流雀王Cリーグ後期最終節 寸評-
斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ
2016年12月07日 15:18

 第12期雀竜位・斎藤俊プロ(日本プロ麻雀協会)によるプロ対局の寸評記事!今回は11月26日に行われた「女流雀王Cリーグ後期最終節」です。 

女流雀王Cリーグ後期最終節(全4節+上位8名で1節)

女流雀王戦Cリーグ最終節
順位 氏名 最終節 TOTAL
1 月 裕子 129.8 496.8
2 崎村 あやか 154.6 468.1
3 日當 ひな ▲49.6 217.4
4 上野 あいみ 5.6 112.4
5 藤咲  62.0 104.1
6 18.9 96.1
7 綾瀬 まり ▲123.7 ▲69.2
8 西城 凛 ▲198.4 ▲118.5
9 水瀬 夏海 - ▲189.0
10 高橋 ゆりあ - ▲233.4
11 花 ゆうり - ▲234.8
12 川又 静香 - ▲277.3
13 中山 百合子 - ▲430.7

 

人前で何かをすることは一般に緊張を伴うものだ。失敗をしたくない局面であれば尚更のことである。
緊張してガチガチでは力を発揮できないケースが多い。意外と思う方もいるかもしれないが、「緊張していない」ことは論外で、こちらも実は力を発揮できない。

適度な緊張を保つセルフコントロールは実力を最大限に出す上で非常に重要である。

日當ひな。MOREのメンバーでもある。
今日はそんな彼女の初昇級を賭けた戦いなのである。同卓者は命、綾瀬まり、崎村あやかである。

ポイントは約200ポイント離れているが、同卓の命、綾瀬から日當はターゲットになる。

1回戦、一番決められたくない命にトップラスを決められてしまい、なんとポイント差が50Pに。

「下手過ぎて消えたい・・・てか後ろから斎藤さんの威圧感が・・・」

と(勿論威圧感を出して観戦はしていないが)緊張が悪い方向に走っていきそうなのでポジションチェンジ。

日當と同卓している崎村あやかの2回戦。

南2局 ドラ
親の崎村
 ポン

既に聴牌していた命からのツモ切りリーチの宣言牌を捉え12000和了。崎村がダントツになる。
次局の配牌を取る手が少し震えていたことが印象的だった。

震えるのも無理はない。この和了で事実上の崎村の勝ち上がりが決まったからだ。

日當もこの和了は歓迎である。自身のトップはなくなったが、命の着順が下がったので相対的に得をしたためである。

最終戦、日當は自力でトップを取り堂々の昇級である。

別卓ではダントツの中月裕子が今日もブッちぎり。

珍しく点棒が少ない状態で南場の親を迎えたが・・・

 ツモ
リーチして軽々と高めツモ、ドラ ウラドラの6000オールであっという間に点棒の山を築く。

別局、カン待ちで追いかけリーチ(ドラ

先行リーチ者がを掴みウラドラでハネマン。

強いっす。中月のBリーグが楽しみだ。

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)