麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

土田のデジタル 5.テンパイ効率より和了効率重視

土田のデジタル 5.テンパイ効率より和了効率重視
土田のデジタル

 デジタル麻雀では、和了れる形、和了りやすい形を作る効率を高める打ち方が一番大事です。テンパイ効率より和了効率を優先します。

 

""""ツモ

 

テンパイ効率だと切りです。"""でテンパイします。を打つとでテンパイできない分、テンパイ効率は1種類下がります。しかし、ピンズの連続形は、に分割できるので、が入ってきたら、両面と両面の一向聴になります。あるいは、""を引いてくると、両面待ちになる最も優れた完全一向聴形になります。ですから、テンパイ効率が落ちても、ここは切りです。

 

"""""ツモ

 

テンパイ効率では切りです。しかし""が重なったときにカン待ちになりますので、を切り、安定した打ち方をします。どれが入っても両面でリーチが打てます。和了りやすい両面を基準にします。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山 純生