麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

土田の麻雀道 46.アガらなくてもいい

土田の麻雀道 46.アガらなくてもいい
土田の麻雀道

 麻雀道では、和了れないときにがむしゃらになって和了に向かう醜さを戒めるようにしましょう。和了れないと決まっているわけではないというような考える方には、潔さがありません。最後の親番で、どうにか聴牌したいという考えは、人情としては分かりますが麻雀道としてはいけません。


 南3局の親番で、ドラはです。配給原点から1万5000点沈んでいます。巡目が終盤なので、聴牌も難しい状況です。そこでが出てきました。鳴いて、受けを広くするためにドラのを切ったり、が場に2枚出ているからとを切ったりするのは、あがいているだけです。

 もしかしたらという考えはやめて、負けを認めましょう。残りツモ4回か3回ぐらいではどうにもなりません。格好悪い負け方はしないでください。どうせラスだからと攻めるのは、麻雀の道から外れた投げやりな考え方です。が出ても鳴かずにと切って、静かに終わりましょう。そういう心境になったときに、初めて麻雀の道が見えてくるのではないかなと思います。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)