麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

土田のオカルト 32.マーク者を毎局決める

土田のオカルト 32.マーク者を毎局決める
土田のオカルト

 マークする人を決めて打つことは大事なことです。マークする人数は普通は1人で問題ありませんが、自分の置かれている状況が悪いときほど増えます。常に親をマークするのではなく、第6打までの河でマークする人を決めます。
 七対子や国士無双といった変則的な河は別として、3巡目までにタンヤオの牌がある河は少し気にしてください。第1打、第2打といった河です。6巡目までに3か7が1枚でもある河は、特にマークしてください。いつリーチが来てもおかしくありません。8巡目までにドラの隣の牌がある河は要注意です。例えば、がドラのときので、手が整っていることがうかがえます。持ち点が多い人は調子が良いので、マークするに越したことはありませんが、前述の3条件を1つも満たしていない河であれば、マークしなくてもいいかもしれません。
 また、配牌を取って第1打をするまでの牌を並び替える仕草を見ます。配牌の善し悪しで違います。嬉しそうであったり、楽しそうであったり、手際が良く感じたらマークです。これらはオーラで感じられます。打点のオーラ、早い立直のオーラ、良い待ちのオーラは非常に分かりやすいです。意識して眺めていればすぐ身につきますから、マーク者を毎局決めていくことを意識しましょう。

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)