麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

土田のオカルト 59.手止めリーチはない

土田のオカルト 59.手止めリーチはない
土田のオカルト

 手止めリーチとは、親番で9巡目ぐらいまでにリーチを打てば、子の手牌進行を止められるという考え方です。本手や、納得のいく形や、手替わりが見込めない半端な形でリーチをかけることはあるかもしれませんが、手止めや後スジでの降り打ちを狙うような、親番の有利なところを利用するリーチで、まだ伸びる手牌にふたをすることはいけません。手牌は育てていくものです。
ツモ

 親番で6巡目にを引きました。も場には出ていません。を切ってリーチといけば、一発でが出てくる可能性がありますし、も端のほうに寄っている牌ですから、比較的和了りやすいです。しかし、オカルト的にはそれでは育っていきません。手牌にふたをする、成長を止めるリーチになってしまいます。を切ればで三色か一気通貫の型が入ります。ペンチャン待ちになってもかまいません。目先の損得勘定に振り回されたリーチは、成長を止める行為で、自分で自分の首を絞めていることになります。
ツモ

 ドラのを引きました。親だとを切ってリーチをかける人が多いと思いますが、それではダメです。を切って、育てましょう。引きなど、いろんな可能性があります。

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)