麻雀さん求人広告
麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

女流モンド杯出場をかけたチャレンジマッチでの一幕。水瀬夏海プロの一打!

女流モンド杯出場をかけたチャレンジマッチでの一幕。水瀬夏海プロの一打!
まろちょふのあなたは何切る?
2017年05月09日 21:41

こんばんは、まろちょふです。

今回は5/7(日)にMONDO麻雀チャンネル で放送されたモンド麻雀プロリーグ17/18 第4回女流モンドチャレンジマッチA卓での水瀬夏海プロの一打を紹介します。

ウマは40-10-▲10-▲20。二回戦の合計ポイントで1位になったプロが「第15回⼥流モンド杯」の出場権を獲得するという対局です。

対局者は水瀬夏海プロ、二階堂瑠美プロ、愛内よしえプロ、宮内こずえプロの4名でした。

今回取り上げる場面は一回戦南1局1本場。親番の水瀬プロが43000点持ちとやや抜け出している状況、さらなる加点をしトップを盤石としたい場面です。

1[1]-min

 

ドラは。かなりまとまった配牌です。

2[1]-min

 4枚目のを引き、ここで何を切るか。123の三色を見たい為は外したくないと考えると、打牌候補はになりそうです。

のメリットとしては、の縦重なりでカンの即立直が打てること、くっつきで塔子が求められるため、ドラ受けもできることがあります。

のメリットとしては、の形を1面子1雀頭とするため三色がみやすくなること、雀頭を決める事で萬子、索子の塔子で良形を見込みやすくなります。

3[1]-min

 水瀬プロは打を選択しました。が最終形になった際の為の布石にもなります。勝負するなら良形にしたいという意識もある選択と言えるでしょう。

SnapCrab_NoName_2017-5-9_21-5-37_No-00

 次順を引き、手広いイーシャンテンに。 

4[1]-min

 

6巡目にを引き、待ち立直となりました。立直のみですが2巡目の3pの迷彩の効果もあり、他家が使えない待ちであるためかなりあがりが見込める立直となりました。

5[1]-min

6[1]-min

 

安全牌がない愛内プロがを勝負、一発と裏もついて9600のあがりとなりました。

C_NDoRmUQAEQwbs

この1戦を大トップとしたことで、二回戦は3着ながらも逃げ切り、第15回⼥流モンド杯出場権を獲得しました!

最終形を見据えた一打が光る一局となりました!

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)