麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

王者多井、不服のトップ!RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第1節 3、4回戦レポート

王者多井、不服のトップ!RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第1節 3、4回戦レポート
RTDリーグ
2017年02月16日 19:00

2/13(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第1節 3、4回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

3回戦の対局者は、起家から順に

白鳥 翔(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

猿川 真寿(日本プロ麻雀連盟)

2回戦終了時の成績はこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_1_R                  

 

アガリを重ねてトップ目で東4局を迎えた猿川が、オヤ番で決めにいく1打を放つ。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_2_R

周りのスピードに合っていないことを感じ取ると、ここから打で安全度の高いを残す。

トップ目であるため、最高打点だけを見た、押し返し用の手組みである。

 

すると、猿川の読み通り、多井が同巡にテンパイ。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_3_R

猿川にを先切りされた形にはなったが、多井はきっちりヤマに残っているペンでリーチにいく。

 

これに対し、猿川も追いついた。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_4_R

正に、描いた通りの展開と最終形だったが、ここは多井に軍配。

リーチ後にを引いていた多井が、2軒リーチに挟まれた白鳥からを打ち取って8000。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_5_R

猿川に根こそぎ持っていかれそうなところを、ギリギリで踏みとどまり、猿川に競りかける。

 

すると、南2局のオヤ番は多井の攻撃回。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_6_R

ここから絶好のカンを残して1枚切れのを外すと、次巡にツモ

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_7_R

カンに不満はないため、安全度ならだが、多井はしっかりとを打つ。

を並べて役牌トイツの匂いが濃くなってしまうのを嫌ったことに加え、このツモ↓に備えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_8_R

ツモ。これなら、ドラという打点を追いながら好形を残すことができる。

カンからのさらなる進化だ。

ここからを切っていくと、すぐに1枚目のをポンして700オール。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_9_R

供託を含め、頭一つ抜け出して落ち着くには十分なアガリを決めた。

 

すると、多井が一気に攻め立てる。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_10_R

まずは6巡目にカンのチーテンを組むと、白鳥のテンパイ打牌であるを捕えて5800。

 

続いて、猿川のリーチに競り勝って4000オール。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_11_R

これで持ち点を6万点に乗せた多井だったが、オーラスには珍しい失投があった。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_12_R

オヤの猿川がマンズ気配でドラの切り以降ツモ切りで、猿川のツモ切ったをソウズ気配の白鳥がポンしてドラのを切った場面。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_13_R

このに手を止めた多井。

少考の後、でチーして打とした。

マンズとソウズに挟まれた中、残ったピンズで仕掛け、自身の手を進めながら探りを入れにいく。確かに、手の内がピンズと字牌だけになったタイミングで、仕掛けるにはちょうどいい。

さらに、役牌ではないからならば鳴かれても問題は小さく、2人の出方を伺うには有効な仕掛けにも見える。

しかし、これは多井らしからぬ仕掛けにも映った。猿川に対して探りを入れるのであれば、自ら仕掛けず、白鳥にもう少し自由に打たせても同じ効果が期待できるからだ。

そちらのほうが、多井の採りやすい選択だというイメージがあった。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_14_R

結果、このがテンパイを果たしていた猿川へ7700放銃となる。

これはまずい。

自身がミスをしただけなら問題ない。修正すればいいからだ。

しかし、これは「猿川にミスを誘発させられた」から問題の根が深い。

対局後のインタビューでも、多井は「猿川の色んなバリエーションの攻撃で、猿川に対するピントがズレた」と応えた。

とするならば、自身の修正だけではなく、猿川というプレイヤーに対するイメージの修正から始めなければならない。

結果として、逃げ切りはしたものの、王者として不満の残るトップとなった。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_15_R

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_16_R

今後、王者の軌道修正に注目だ。

 

4回戦では、平賀のオヤリーチをかわして藤田が1000・2000を決める。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_17_R

すると、仕掛けで終始局面をリードする藤田得意の展開へ持ち込んでトップ。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_18_R

昨年度優勝・準優勝コンビ、多井・藤田が2戦目にして初トップを獲り、上位に進出している。

RTDリーグ2017_BLACK_第1節3-4回戦_19_R

 

■次回5、6回戦は2/16(木)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8jMzqFJbFzpdnP

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)