麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

麻雀の原点に忠誠を尽くすサムライ平賀! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第2節 7、8回戦レポート

麻雀の原点に忠誠を尽くすサムライ平賀! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第2節 7、8回戦レポート
RTDリーグ
2017年02月22日 19:00

2/20(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第2節 7、8回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

7回戦の対局者は、起家から順に

猿川 真寿(日本プロ麻雀連盟)

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

滝沢 和典(日本プロ麻雀連盟)

平賀 聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)

6回戦終了時の成績はこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_1_R                        

 

初日をノートップで終え、「らしさ」を発揮できていない平賀。

何やら煮え切らない3着などで、マイナス60ポイント。平賀が最も嫌う負け方だと思われる。

この半荘、そんな平賀に、ついにらしさが見えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_2_R

東1局、が1枚切れで、マンズは悪くない。

を切ってダマテンかリーチという選択もあるが、平賀は打のテンパイ取らず。

打点が低いため、両面待ちでの「リーチツモ」をベースに考えた打牌である。

そして、4枚目のを引いてアンカンすると、カンドラがその

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_3_R

これに対して、オヤの猿川がリスクを承知でリーチをかけてくる。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_4_R

直後に追いついた平賀もリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_5_R

猿川からを打ち取り、12000。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_6_R

想定以上の高打点に仕上げた。

 

しかし、リードしても勝負する材料が揃えば一歩も引かずに斬りにいくのが、サムライ平賀。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_7_R

次局には佐々木のこのオヤリーチを受けるも、ドラが重なると、ノータイムで無スジのを打ち出す。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_8_R

そして、ポンテンで無スジのを打ち出すと、と、まるで安牌のように無スジをツモ切っていった。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_9_R

結果としては、2人に挟まれた滝沢がスジので佐々木に3900の放銃となり、アガリまでは結びつかなかったが、ここに平賀復活の押しを見た。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_10_R

 

ところで、どうしてもこのような押しに目がいってしまう平賀だが、ダマテン判断も実にうまい。

佐々木にまくられて迎えた南1局では、を引くと、これをダマテン。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_11_R

逆転された直後であり、気持ちとしては前がかりになるところだが、この辺りは冷静だ。

このダマテンについて、「最速テンパイとアガリを逃したこと、さらにその後に三色にもならず、ドラも引かなかったため」と平賀は答えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_12_R

実は4巡目、平賀はここから目いっぱいの打とせず、456や567の三色を見て打とした。しかし、結果はすぐにツモという裏目引き。

さらに、三色もドラもつかず、不満だったということだろう。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_13_R

結果、滝沢からリーチがかかり、どこでオリるかを判断する前にツモアガリ。

実に冷静に対応し、無理せずトップ逆転という最良の結果を手に入れた。

 

すると、トップ目で迎えたオーラスのオヤでも冷静な判断を見せる。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_14_R

オヤでテンパイを果たした平賀。

捨て牌はこうだ↓

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_15_R

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_16_R

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_17_R

カンは絶好に見えるため、リーチにいく打ち手も相当数いるだろう。

特に、押しの強い平賀なら、なおさらリーチというイメージがある。

しかし、平賀はダマテンに構えた。

平賀「押し返されそうな点差と状況で、自分の打点にも不満があったためダマ。そのままツモでもいいし、リーチを受けたらオリるつもりだった」

いかがだろうか。

麻雀プロ団体日本一決定戦の個人成績ぶっちぎり1位を記録した、規格外の打ち手・平賀の口から出た実に堅実な言葉。

一見、型破りな押し屋に見える平賀だが、それは「高い手は押し」「アガれそうなら押し」という麻雀の原点に忠実なスタイルだからなのであって、型破りなことなど全くないのだ。

そのため、この堅実な言葉も、違和感なく入ってくる。

平賀の麻雀を見ていると、「実はこれが麻雀の源流なのではないか」とさえ思えてくるから不思議である。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_18_R

すると、を引いた平賀は打のテンパイ外し。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_19_R

そして、次巡にを引くと、今度はリーチといった。

「自分の手が高いなら押し」

その源流が、大河となって追いかけリーチ猿川のを飲み込み、平賀に18000をもたらした。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_20_R

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_21_R

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_22_R

自分らしさ全開の初トップに、平賀は自信をのぞかせた。

 

一方、続く8回戦では、南3局に多井が白鳥の追いかけリーチを振り切って、ラスからトップに駆け上がるマンガンツモ。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_23_R

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_24_R

前年度チャンピオンの多井が2勝目でタキヒサに迫っている。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節7-8回戦_25_R

 

■次回9、10回戦は2/23(木)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8dapiyHr92BkvK

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)