麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

勝又が繰り出す、ダマテン判断の妙技! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第3節 15、16回戦レポート

勝又が繰り出す、ダマテン判断の妙技! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第3節 15、16回戦レポート
RTDリーグ
2017年03月19日 19:00

3/16(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第3節 15、16回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

14回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_1_R               

 

15回戦の対局者は、起家から順に

勝又 健志(日本プロ麻雀連盟)

鈴木 たろう(日本プロ麻雀協会)

小林 剛(麻将連合)

村上 淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)

 

昨年度、こんな記事を書いた。

http://mj-news.net/news/rtd/2016080246652

リーチの精度が高い藤田の、リーチ判断に関する記事だ。

 

私の中で、藤田といえば、「リーチ判断が鋭い打ち手」というイメージだ。

一方、勝又については、「ダマテン判断が鋭い打ち手」というイメージ。

リーチ判断=ダマテン判断であるため、結局どちらも同じことを言っている。

あくまでイメージの話である。

そんなイメージを抱くのは、次のように認識しているからかもしれない。

藤田:多くの者がかけないリーチもかける

勝又:リーチのほとんどが、多くの者がかけるリーチ

すなわち、積極的にリーチを目指す藤田に対し、勝又は積極的にダマテンを選択するように見える。

繰り返しになるが、あくまでイメージの話だ。

 

さて、この半荘、まずは勝又が2軒リーチに追いかけて一発ツモ。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_2_R

絶好に見える待ちの4000オールで先制する。

 

先行したときには、ぜひ勝又のダマテン判断に注目してもらいたい。

次局、まずは小林がこのリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_3_R

対する勝又は一発目にこの手牌。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_4_R

いったん辺りに手がかかりそうな牌姿だが、「小林のリーチはリーのみだと感じた」と語る勝又は、ここから何事もなかったかのように無スジのをツモ切り、次巡にはドラのまでツモ切った。

そして、終盤にテンパイを果たす。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_5_R

前巡に小林から3枚目のが打たれ、待ちが薄くなったのと同時に、での出アガリ率が上がったこともあり、これをダマテンに構える。

も無スジであるため、ここまで押したら「リーチをかけないと今まで取ったリスクに見合わない」と考え、リーチしてしまいそうである。

しかし、勝又はその誘惑を断って、シビアにダマテン。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_6_R

結果、たろうからで見事に小林の攻撃をかわし切った。

 

すると、今度はドラ雀頭のリーチでマンガンツモ。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_7_R

前述の通り、勝又のリーチは、多くの者がかけるリーチ。

しかし、ダマテンの中には、多くの者がリーチをかけるものも多く存在するのが特徴だ。

東4局がそうだった。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_8_R

小林のこのリーチを受けて、シャンポンテンパイに絶好のを引いてきたところ。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_9_R

リーチかと思いきや、勝又はを打ってダマテンに構えた。

これには理由がある。

たろうがポン、を両面チーでピンズのホンイツ模様だったのである。

もしたろうにそこそこの手が入っている場合、小林のリーチだけならが打たれるかもしれないし、字牌やピンズを押さえることもできる。

もちろんたろうに手が入っていないことも考えられるが、トップ目であることを考慮すれば、ダマテンで十分ということだろう。

とはいえ、ついつい待ちの良さでリーチを選択してしまいそうな手牌である。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_10_R

実際には、たろうがと押してテンパイ。

これでたろうに手が入っていたことが判明する。

それを受けて、勝又は次に引いた字牌やピンズでオリることを想定しながら打ち回していると、すぐにツモアガリとなった。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_11_R

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_12_R

勝又が見事なダマテン判断で相手の攻撃をかわし、トップを奪取。

マイナスをほぼ帳消しにした。

 

16回戦では、前節に引き続き好調な瀬戸熊。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_13_R

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_14_R

この2発の12000で大トップを取り、プラスを100に乗せてきている。

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_15_R

RTDリーグ2017_WHITE_第3節15-16回戦_16_R

 

■次回3/20(月)21:00から17、18回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/AeTZtwYYEBViDd

 

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)