麻雀さん求人広告
麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

猿川vs多井、1つのイスを争う戦いの行方は!? RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 最終節 51、52回戦レポート

猿川vs多井、1つのイスを争う戦いの行方は!? RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 最終節 51、52回戦レポート
RTDリーグ
2017年08月06日 19:00

8/3(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第9節(最終節) 51、52回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回までのポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_1_R

 

条件を背負って戦う3者を尻目に、爆発したのはトータルでダントツの佐々木。

開局のオヤ番から全開の攻めを見せる。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_2_R

まずは佐々木らしく愚形の先制リーチをかけ、追いかけリーチの滝沢からアガると、次局でも先制リーチをかけた。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_3_R

これにまたしても滝沢が追い付く。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_4_R

なんとツモりスーアンコのテンパイ。が1枚ヤマに残っている。

しかし、ここも制したのは佐々木。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_5_R

滝沢から高目を打ち取った。

2本場でも先制リーチをかけると、平賀のリーチ宣言牌を捕らえてダメ押し。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_6_R

このオヤ番だけで5万点を超えた佐々木が、トップでさらにポイントを積み上げた。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_7_R

 

続く52回戦では、猿川と多井の準決勝進出争いに注目が集まる。

現在70ポイントほど猿川がリードしており、多井としては猿川を沈めてトップを取り、最終戦で純粋な着順勝負ができるようにしたいところ。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_8_R

準決勝当確の白鳥がトップ目で南入する展開となった。できれば猿川を3着以下に沈めたいため、他のプレイヤーが若干リードするのは多井にとって悪くはない。

そんな中、多井が先制リーチ。

供託2000点と4本場があるため、猿川を追いかける一撃としては十分だ。

これに対し、猿川にもテンパイが入る。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_9_R

選択肢は2つ。

1つ目は、切りダマテンの現物待ちに構え、その後に危険牌を引いたらさらにを切ってオリていく守備的な選択。

2つ目は、切りリーチという攻撃的な選択。

猿川は後者の攻撃的なほうを選択した。

が薄く、ダマテンに構えてもアガリの感触はさほどない。

それならば、リーチで決め手にしてしまおうという思考だ。

また、ドラで放銃することがないのも、ドラ待ちリーチのメリットである。

かくして、準決勝進出を占う重要な2軒リーチとなった。

ここでの結果が準決勝進出者を決めそうである。

この2軒リーチに挟まれたのが藤田。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_10_R

オヤの藤田は、オヤで連荘する以外に道がなく、絶対にオリられない。

ドラ切りでリーチを宣言するが、これが猿川に捕まった。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_11_R

ウラドラも乗って、トップ目に浮上する大きな大きな8000。

逆に、多井にとっては痛恨の加点である。

 

すると、次局のオヤ番でも猿川がリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_12_R

三色かタンヤオを見てツモ切りという選択もあったが、猿川は少考の末、素直にリーチをかけた。

これに対し、困ったのは白鳥。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_13_R

現物はがあるのだが、それらを打って2巡凌いでも、手牌が真ん中に寄っており、牌種も少ないため、すぐに手詰まりとなりそうである。

ならば、浮かぶ選択は打

が4枚見えのため、が通れば、もアンパイになり、さらに自分がアガれる可能性も残せる。

白鳥がを打ち、猿川が手牌を倒した。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_14_R

すると、またもウラドラが2枚乗って12000。

猿川がダントツとなった。

最悪なのは多井。猿川を沈めることは難しくなったため、猿川をまくってトップを取るというだけの目標に切り替えざるをえなくなった。

幸い、オーラスのオヤ番が残っている。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_15_R

その多井、オーラスのオヤで4巡目に打点・形ともに十分なこの手牌。

しかし、ここからが長い。

一切有効牌を引かず、最後に形テンを取るのが精一杯という不運。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_16_R

1本場でも、メンホンチートイツのイーシャンテンという十分な手牌から、をポンして役役ホンイツのイーシャンテンに切り替えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_17_R

次巡には1枚切れのを先に放し、へのケアを薄めるが、戦えるプレイヤーが誰もおらず、全員が字牌を抑えて完全撤退。

鳴けず、引けずで最終手番まで来てしまう。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_18_R

最終手番で引いたのは、無情にも先切りした

屈辱のノーテンで終局し、頭を垂れた。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_19_R

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_20_R

RTDリーグ2017_BLACK_第9節51-52回戦_21_R

猿川・多井の差は160ポイントに広がった。

すなわち、多井が背負う最終戦の条件は、猿川とトップラスを決め、8万点差をつけるという厳しいもの。

前年度王者・多井が予選で敗退してしまうのか。

残すは最終戦のみ。

 

■次回8/7(月)21:00からBLACK DIVISION 第9節(最終節)53、54回戦(最終戦)をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定https://abema.tv/channels/mahjong/slots/Apzr5L1Pr36Ajq

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)