麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

編集部が選んだ注目番組ランキング(2017/03/20~2017/03/26)

編集部が選んだ注目番組ランキング(2017/03/20~2017/03/26)
人気番組ランキング

編集部が選んだ注目番組ランキング!

ニコ生、AbemaTVのあらゆる麻雀番組の中から注目の番組をピックアップします!
集計期間(2017年3月20日~2017年3月26日)

 

5位 麻雀マスターズ2017特別招待枠争奪戦

77c7f56b2a8e8ef5c964fdecceee649a-660x371-min 

3/23に麻雀スリアロchで放送された麻雀マスターズ2017特別招待枠争奪戦が第5位です。

当番組ではシドニーで行われる麻雀マスターズ2017の特別招待権をかけたワンデー対局が行われました。
対局は麻雀オーストラリアルールで行われ、視聴者コメントも序盤は戸惑い気味でしたが徐々に皆さんルールを把握されたようで

このルール面白い!

というコメントもたくさん見受けられました。

1

三色の食い下がりがなく、平和の基準が4順子あれば待ちなんでもいいため、これは「平和、三色」のあがり。三色は35点、平和は5点で40点オールのツモあがり。

2

こちらは鍛冶田プロのをロンあがり。チンイツ、平和、一盃口のロンあがり。点数はチンイツが100点、平和5点、一盃口が10点で115点のあがりですがもらえる点数は115×3で345点。近藤プロと澤橋プロから30点ずつ。鍛冶田プロからは285点。

1回戦から面白いあがりがたくさん見られ、ほぼルールを知らない私も楽しんでみることが出来ました!

3

上位四名が決勝進出。

全員見せ場を作りましたが、予選で首位通過した大澤ふみなプロが決勝でも優勝。シドニーへの優先招待権を手にしました!

 

4位 RTDリーグ 2017  WHITE DIVISION 17回戦/18回戦 BLACK DIVISION 13・14回戦

 rtdm

3/20,3/23にAbemaTV麻雀chで放送されたRTDリーグ 2017 WHITE DIVISION 17回戦/18回戦,BLACK DIVISION 13・14回戦が第4位です。

依然として熱い戦いが続きますRTDリーグ。対局の間のインタビューで出場選手の強い思いが感じられるのも魅力です。

3/23放送分までの結果はこのようになっております。

5

4

WHITE DIVISIONはまだ均衡した戦いとなっております。今週放送分の鈴木総一郎のレポートはこちら!

謙虚な村上の自己中心的な10万点トップ! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第3節 17、18回戦レポート – 麻雀ウォッチ

局面を読み切った白鳥のツモ切りリーチ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第3節 13、14回戦レポート – 麻雀ウォッチ

 

3位 女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン シーズン2 <決勝>

 main

3/24にテレ朝チャンネル2 スカパー!で放送された女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン シーズン2 <決勝>が第3位です。

プロ・アマの女流雀士統一タイトル『てんパイクイーン』。実力・人気共に兼ね備えた16名の女流プロ、さらに、芸能界からは腕自慢の女流雀士8名が集結したこの戦いも遂に決勝戦を迎えました!

決勝戦は以下の顔ぶれとなりました。

・高宮まりプロ(日本プロ麻雀連盟・シーズン1優勝)
・山脇千文美プロ(日本プロ麻雀連盟)
・宮城舞(モデル)
・上野あいみプロ(日本プロ麻雀協会)

midokoro_p10 

最後まで行方がわからない熱戦でしたが、優勝は山脇千文美プロとなりました。おめでとうございます!

 

 

2位 四神降臨2017王座決定戦

 四神降臨2017王座決定戦_i

3/24に麻雀スリアロchで放送された四神降臨2017王座決定戦が第2位です。

今回の対局者はこの四名。

近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会・第41期最高位)
忍田幸夫(麻将連合・第14期将王)
角谷ヨウスケ(日本プロ麻雀協会・第15期雀王)
多井隆晴(RMU・第8期RMUリーグチャンピオン)

そうそうたる顔ぶれです。

2回戦目の南3局、オーラスで多井プロに役満が見える場面も!

SnapCrab_NoName_2017-3-28_22-15-48_No-00

SnapCrab_NoName_2017-3-28_22-16-42_No-00

役満は成就せずでしたが、対局は1回戦、3回戦でトップを取った多井プロが優勝を飾りました!

 

 

 

1位 第15回日本オープン 決勝

 npm

3/26に麻雀スリアロchで配信された第15回日本オープン決勝が第1位です。速報記事はこちら

2002年創設。毎年年始に本戦が行われるオールカマーのタイトル戦。
一般予選(各地方)とプロ予選の勝ち抜け者が本戦、準決勝、決勝と戦います。

決勝進出した四名は

石立岳大(日本プロ麻雀連盟)
桑原俊之さん(一般)
渋川難波(日本プロ麻雀協会)
小倉孝(日本プロ麻雀協会)

の四名でした。

4回戦終了時点のポイントはこちら。

SnapCrab_NoName_2017-3-28_22-52-5_No-00

トップ、三着、三着、トップと来た石立プロに渋川プロが追いすがる展開。

SnapCrab_NoName_2017-3-28_22-58-32_No-00

その渋川プロ、東1局1本場に会心の親のマンガン和了!

トップ目で迎えたオーラスも役牌暗刻の絶好の配牌!

SnapCrab_NoName_2017-3-27_13-15-7_No-00

この手をものにし優勝を勝ち取りました!

IMG_8592

 

 

以上、先週の注目番組ランキングでした!

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀ウォッチ編集部ライター
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)