麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

【鳳南研究所】ASAPINさん① 手牌を読みきった食い替え!!【天鳳・達人の一打】

【鳳南研究所】ASAPINさん① 手牌を読みきった食い替え!!【天鳳・達人の一打】
鳳南研究所
2017年12月06日 11:00
鳳南研究所ウォッチ版とは
  • 「天鳳」の鳳凰卓東南戦(鳳南)で打つ強者の牌譜を日夜研究する謎の雀士・研タロウによるコラム。
  • 毎日11時に過去記事、21時に最新記事が公開されます。
  • ご意見・ご感想・取り上げて欲しいプレイヤーのリクエストがありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

 押しも押されぬ天鳳トッププレイヤー、初代天鳳位ASAPIN(@asakarapinpin )さん。

彼の二つ目の天鳳位アカウント「トトリ先生19歳」の、天鳳位昇段間際の牌譜からひとつ達人の一打を紹介する。

これまでとは記事の趣が若干違うが、まあそういうもんだと思ってみてって下さい。

牌譜はこちら

 

1206-1-min

絶好のを引き、望外の満貫聴牌を果たしたところ。ここから鳴く牌はあるだろうか。天鳳位の答えは・・・

1206-2-min

これだ!!

1206-3-min

チー打。カンから片アガリへの受け変え。

1206-4-min

目論見どおり、これを見事にアガリ切りトップ目に立った!

1206-5-min

実はこの局、上家の仕掛けがチーしての切り→ペンチー打だった。

この時、上家がを持っているパターンはあるだろうか。

   

   

   

パターンを考えてもらえればわかるが、この3パターンは全て否定される。

逆に、
   

  

という形で、を使われているパターンは大いに考えられる。

実践では全てのパターンを考えているわけではなく、切り→切り ペンチーを見て反射的に上家がを持っていないことを読み取ったのであろう。

また、が枯れているためフリテンのリスクはなく、の見た目枚数は同じ。

言葉にしてしまえばその通り。その通りだが・・・

実践であなたは、100回中何回をチーできるか!?

上家の手出しを見逃さず、その意味を的確に捉えた上で、さらにチーボタンを押す準備ができていなければ鳴けない。一級品の理論に一級品の実践力が備わって初めて、トッププレイヤーはトッププレイヤーたりえる。このアガリはそう簡単に拾えるものではない。まさに達人の一打(一チー)だ。

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)