麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【鳳南研究所】天鳳強者研究⑤:Zuttakaさん(元九段) 暴れん坊&粘り腰麻雀!!

【鳳南研究所】天鳳強者研究⑤:Zuttakaさん(元九段) 暴れん坊&粘り腰麻雀!!

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
鳳南研究所ウォッチ版とは
  • 「天鳳」の鳳凰卓東南戦(鳳南)で打つ強者の牌譜を日夜研究する謎の雀士・研タロウによるコラム。
  • 毎日11時に過去記事、21時に最新記事が公開されます。
  • ご意見・ご感想・取り上げて欲しいプレイヤーのリクエストがありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第5回は、「Zuttaka」さん。情報がなく、あまり情報はないのだが、どうやらプロ関係者のようだ。
安定段は8.4と鉄強と呼ぶにふさわしい成績を残している。この人がどんな麻雀を打つかと言うと・・・
暴れん坊&粘り腰麻雀。特に暴れん坊要素が強い。まあ見てもらおうか。

 

★Zuttakaスペシャル★(勝手に命名)

1_R
まずはここでと切ってピンズ受けを破壊。この時点で「いわしたろか」という意気込みが伝わってくる。

2_R
を引いて一気に高打点の臭いがしてくる。

3_R
当然ここは赤をぶった切って打点に寄せて・・・

4_R
引いたら当然リャンシャンテンに戻して・・・

5_R
三段目のこんなチーテンすら見向きもせず・・・。

6_R
たどり着いた聴牌。ツモって跳満。

どうだろう。鳳南主体の打ち手でこの聴牌にたどり着ける打ち手が何人いるだろうか。2001年近鉄バファローズの「いてまえ打線」を彷彿とさせる打撃系の手順だ。これはバット投げたくなりますね。バットは投げても点棒投げるな。

話を麻雀に戻す。

7_R
このへんもソーズのカンチャンから払ってホンイツorドラ使いのリーチの二本に絞って手を進める。

8_R
5順目リーチ。弱気だとスルーしたてオリたくなるところだが、ポンして打。もちろんこの後白が出ればポンテン取るところだが、ホンイツを見ている残しだ。一番うまくいった場合2筋勝負するだけで聴牌が取れる。高打点暴れん坊型の打ち手はこの辺りの粘りが本当に上手い。

9_R
ゴリゴリ押してドラまで押し切ってホームラン。「全打席フルスイングじゃない、全球フルスイングです」って中村紀洋がCMで言ってたのがちょっと流行ったんだけど(もはや15年前)誰も覚えていないだろう。

10_R
下家のリーチを受けたところ。宣言牌がチーされていてわかりづらいが、字牌をもろもろ切ってからのドラ切りリーチ。気持ち悪い捨て牌だがチートイではない、仮にチートイだとしても単騎にはしないだろうということだろう。さすがこの辺りはよく見ている。ただはバッタに余裕で刺さる牌である。ここでを切るのは、まだまだあがる気満々ということだ。この暴れん坊はこの辺からの粘りがすごい。

11_R
一枚切れのを切らなかったのはさすがに見落としだとは思うが、このリャンシャンテンも生牌のを切って粘る。このタイプの強者はここからソーズやピンズを抜くことは絶対にしない。もちろんこのタイプの強者がそうなだけで、ここから抜いていく強者もいる。

12_R
バックのみの大したことない聴牌。どこかからロンの声がかかりそうなだが、これはPUSH。親の聴牌で、打点もわからない、張っているかもよくわからない子の仕掛けにはまだオリない。

13_R
下家が残り400点。親番で3着まで3600差、トップと9900点差の2着目。暴れん坊でもここは繊細にダマにした。の場況不明ならリーチか。

 14_R
暴れん坊でもラス回避の絶対ポイントだけは外さない。平場ならもしかすると先切りまたぎのあたりを切るかも知れないが(ドラが打てないのでさすがに切らないか)、ここはひたすら現物を抜いて降りる。ここは元西武のカブレラでも現物を抜いて降りるところだ。

牌譜:

https://tenhou.net/0/?log=2016080715gm-00a9-0000-29f3973b
https://tenhou.net/0/?log=2016080706gm-00a9-0000-20e3313a
https://tenhou.net/0/?log=2016080705gm-00a9-0000-1edab922
https://tenhou.net/0/?log=2016080301gm-00a9-0000-bbf93b6e

この記事のライター

研タロウ
天鳳ブログ「鳳南研究所」を運営。日夜強者達の牌譜研究に励む。趣味はフリー雀荘巡りと天鳳。鳳南を数千戦打っているらしいが素性は不明。

2018年10月『現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~』をマイナビ出版から発売

新着記事

Return Top