麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【鳳南研究所】天鳳強者研究:(≧▽≦)さん(二代目天鳳位)古典に学ぶフーロ守備型の形

【鳳南研究所】天鳳強者研究:(≧▽≦)さん(二代目天鳳位)古典に学ぶフーロ守備型の形

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
鳳南研究所ウォッチ版とは
  • 「天鳳」の鳳凰卓東南戦(鳳南)で打つ強者の牌譜を日夜研究する謎の雀士・研タロウによるコラム。
  • 毎日11時に過去記事、21時に最新記事が公開されます。
  • ご意見・ご感想・取り上げて欲しいプレイヤーのリクエストがありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

今回紹介するのは、二代目天鳳位、マーク2こと(≧▽≦)さんだ。
ASAPINさんに続く二代目天鳳位として、第一期、二期の天鳳名人戦にも出場していた。その打ち筋はまさに「守備型」といえるもの。リスクを極限まで低く抑え、もらえるところだけもらっておこう、という感じ。ところがその踏み込み方がすごい。安全に手が届くアガリを取るために、鳴いて手牌を縮めてかなり奥深くまで手を伸ばすのだが、それでもよほどの手になるか、よほど追い込まれた状況でなければまず危険牌を打ち出さず、手を引っ込める。安全を確保しながらギリギリのところまで手を伸ばすのが上手いのだ。

1_R

雀頭のない形。不安定な愚形残りの1000点。しかしこれはポン。面前でやってもうまみがない手なので、役を付けておいたほうがマシと言う判断。これで手詰まりしたら最悪なんだけど、

2_R

キツイ手は無理なくオリられる体制を残しながらスリムに進行する。リスクは負わずに手が届くアガリを拾いに行く。

4_R

を切ると受けがなくなるが、それよりも引いてのシャンテンを逃すほうが痛いと見て切り。これはうっかり切りたくなっちゃいそうだけど、いい一打。

5_R

後手を踏んだと見たら絶対に危険牌を切らない。今が通ったのでわりかし通りやすい切りで守備重視。地味なところだが、こういうところで打った2000点が後に響いて着落ちってパターン、結構あるじゃないですか。こういうので100回中100回きっちり回れるのが強さだと思うんですよ。

6_R

南3局トップ目。上家下家の仕掛けに少し遅れを取っていると感じている模様。ポンしたあと出て行くはさほど危険ではない牌だが、このをスルー。極限までリスクは負わないのだ。アガれればデカイけど、こういうところでチクッと刺さった2000点、めっちゃ痛いじゃないですか。サソリの毒は後で効くわよ、って美川健一も言ってる。

7_R

だけどこの5枚目のはチーして打。リスクは負わないが、ノーリスクで取れるケイテンはギリギリのところまで手を伸ばす。これがマーク2さんのやり方。

9_R

この手はマンズやソーズに手をかけずに、切り。マーク2さんはタンヤオを強く見ている。仕掛けられる手牌は、ノーリスクでリターンだけを取るのにバッチリ適しているからだ。この後と引いてタンヤオになった。

10_R

西入。現状トップ目だが、2着目の強烈なダブの仕掛け。をポンして1枚目ののあと、更にと手出しで出てきた。

11_R

さて、上家に打てばラス終了の可能性は大いにアリ。自分の手もアガれれば終了のイーシャンテン。マンズのリャンカンがきついところだが、さてここで何を切る?これは結構難しい問題じゃないだろうか。

12_R

凡庸ならといきそうなところ、マーク2さんは上家に通っていない切りとした。
あの中張牌が続々と手出しを見てしまうと、うっかり足止めされてしまいがち。だけどその一方で、連続手出しであれば張ってない可能性も大いにある。ここで自分がオリると上家ペースとなり、ノーテンバップやらなんやらでじりじり削られて3着終了なんて未来すらある。ここがリスクを追えるギリギリの巡目と見て、を打ち出した。なら後からいつでも切れるが、は今この巡目にしか切れないってわけだ。

13_R

例えばこういうのももうリスクを負わずにオリる。トイツ落としじゃなくて暗刻落としなのは、下家への安全度を考えてだろう。からの

14_R

暗刻落としが終わったところで出たをチーして・・・

15_R

今度は切り。一応イーシャンテンには受けるがリスクは負わない。
この巡目ではイーシャンテンには取っておくが、リスクを負えるイーシャンテンではないという判断だろう。テンパイの仕方によっては1枚くらい押すのかもしれない。
一見ビジョンない仕掛けに見えるが、まだ残りの巡目があるため、うっかりのどちらかが通ってノーリスクでアガリを拾えるパターンもある。
こういうのはあまりやる人はいないが、「ノーリスク美味しいとこ取り打法」で成績を残そうと思うなら、こういうとこまで踏み込んで、人がアガれないアガリを拾わなければ、差はつけられないということだろう。

 

この記事のライター

研タロウ
天鳳ブログ「鳳南研究所」を運営。日夜強者達の牌譜研究に励む。趣味はフリー雀荘巡りと天鳳。鳳南を数千戦打っているらしいが素性は不明。

ブログ:鳳南研究所
Twitter:@hounan_

新着記事

Return Top