麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
監督やコーチの存在は?選手以外の活躍の場はあるか?【Mリーグ】

監督やコーチの存在は?選手以外の活躍の場はあるか?【Mリーグ】

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

いよいよ本日8月7日19時30分から行われるMリーグのドラフト会議。筆者が発足会見で質問予定だった内容から、Mリーグについて考察していきます。

▼ドラフト会議は8月7日(火)19時30分から生中継

▼これまでの記事

監督やコーチ、審判の存在は? 新たな専門職が誕生するチャンスか

いよいよドラフト会議の日となりました。

誰が選ばれるのか、選手もファンも気になる方が多いでしょう。

Mリーグは麻雀を個人競技からチームスポーツへ変えようとしています。

他のスポーツでも必要不可欠な監督やコーチといった存在はいるのでしょうか?

ドラフトで指名されるのは若手中心、監督やコーチとしてベテラン選手を活用するということも考えられます。

また、麻雀はプレイヤーが審判も兼ねている競技ですが、他のスポーツと同様に、公式審判を採用した方が良いでしょう。

そうなると、審判は五団体以外から選ばれても不思議ではありません。

こうして考えると、麻雀プロに関わる新たな職業が生まれるチャンスともいえます。

他にも、実況アナウンサー、解説者、専門記者、カメラマン、スカウト、広報、トレーナーなど、選手以外の新たな”麻雀のプロ”が登場していく可能性が大いにありますね。

”Mリーガー”はたった21人の枠ですが、たとえ選ばれなくても、選手以外の形で活躍の場があるかもしれません。

最高顧問に就任した川淵三郎氏の知見に期待して、ドラフトを見守りましょう!

Jリーグ、Bリーグの立ち上げを牽引した川淵三郎氏が最高顧問に就任

この記事のライター

taroo 河下太郎
麻雀ウォッチ編集長。麻雀王国代表取締役。学生麻雀連盟理事。
最近はYoutubeの麻雀ウォッチチャンネルに力を入れています。チャンネル登録よろしくお願いいたします!

新着記事

Return Top