麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
エース・寿人の復活なるか 楽な道を選ばず大逆転へ KONAMI麻雀格闘倶楽部

エース・寿人の復活なるか 楽な道を選ばず大逆転へ KONAMI麻雀格闘倶楽部

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

前半40戦を折り返し、KONAMI麻雀格闘倶楽部は▲338.4ポイントでリーグ最下位と苦戦が続いているが、佐々木寿人・前原雄大の”チームがらくた”コンビに高宮まりを加えた超攻撃型チームは、他チームからするといつ爆発するかわからない恐ろしさがあり、油断はできない。

先を見据えて、楽な道を選ばない

苦戦が続くが「スタッフも含めてファミリーとして一生懸命やっています。チームの士気は高いですよ」と、まだまだチームの雰囲気は明るい。

とにかく攻撃に特化したチーム編成は、どうせなら圧倒的に優勝を狙えるチームにしたいというスタッフの意志が伝わるドラフトである。

それゆえ、このように大きく負けることも想定内であろう。

寿人はここまでリーグ最多の20戦に出場している。チームのほぼ半分を占めるが、8ラスで個人17位となかなかエンジンがかからない状態が続く。

「寿人が不調の時に5連投(10/22~29)を命じました。そのおかげで国士無双をアガれました。僕が出てもよかったのですが、先を考えてエースの寿人を使いました」

寿人は5連投をトップ3回(国士無双を含む)、ラス2回という結果で前原の期待に応えた。

Mリーグ初の役満となった寿人の国士無双(10/26) ©AbemaTV

 

「楽な道を選ばない。エースは寿人だからエースにきちんと投げてもらわないといけない。だからあえて寿人を投入したんだ」

寿人本人も8ラスをネタにし、まだまだこれから、終わりまでわからんよと言わんばかりだ。

きちんとアガってきちんと放銃する

「不安はありましたが、精一杯やろうと。みなさんが色んな面で支えてくださっているので、たくさんのことを学ばせていただいています」とチームのサポートに感謝する高宮。

そんな高宮に対し「自由に打てと。あとは我々が責任を取るから」と安心させる前原。

チームとして「きちんとアガってきちんと放銃する」をテーマに掲げ、高宮が半荘11回リーチを打った10月30日の対局を高く評価した。

「高宮の成長にも期待してください」

高宮の笑顔は苦戦が続くチームの活力にもなっている。

 

最年長Mリーガーとして伝えたいこと

「幸い鳳凰位を2連覇中なのでリーグ戦はありません。Mリーグ1本に絞らせてもらって24時間Mリーグのことばかり考えています」

最年長61歳の前原はMリーグの前に、原稿やゲストなど他の全ての仕事をやめ、Mリーグに照準を合わせている。現役最後にして最高の舞台がこのMリーグだ。

「もう僕の麻雀人生はそんなに長くない。そんなに時間がないので、Mリーグの舞台できちんと踊りきろうと」

チーム名の通り、麻雀格闘倶楽部は最後まで闘う姿勢を崩すことはない。

上位が混戦の中、麻雀格闘倶楽部の攻撃力が上位陣を脅かせば、さらに面白くなるだろう

この記事のライター

taroo 河下太郎
麻雀ウォッチ編集長。麻雀王国代表取締役。学生麻雀連盟理事。
最近はYoutubeの麻雀ウォッチチャンネルに力を入れています。チャンネル登録よろしくお願いいたします!

新着記事

Return Top