麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/20 Mリーグ2020 結果】1戦目は麻雀格闘倶楽部・寿人が的確な立ち回りで完勝!2戦目は風林火山・勝又が2度の6000オールで圧勝!

【11/20 Mリーグ2020 結果】1戦目は麻雀格闘倶楽部・寿人が的確な立ち回りで完勝!2戦目は風林火山・勝又が2度の6000オールで圧勝!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン28日目の対局が11月20日(金)に開催された。

11月20日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋、多井 ©ABEMA

第1試合

第1試合は勝又、小林、沢崎、寿人の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局 小林が先制リーチに出るも親の寿人がタンヤオ赤赤のシャンポンをダマテン、7700のアガリで一歩リード。

東1局 寿人の7700 ©ABEMA

その後の1本場ではフリテンの平和をリーチ。赤でツモって2600オールでリードを広げた。

東1局1本場 寿人の2600オール ©ABEMA

その後の2本場、沢崎のリーチに対して更に3面張で追いかけた寿人。これもアガればこの試合を決めかねない場面だったが沢崎がラス牌をツモ。リーヅモ七対子ドラ2の3000・6000で試合の行方はまだまだわからなくなった。

東1局2本場 沢崎の3000・6000 ©ABEMA

しかし寿人はすかさず次局に小林のリーチに追いかけて8000のアガリでリードを広げなおした。

やや置いて行かれた立場の小林は7800点持ちで東4局の親番を迎えるも、6巡目に勝又のリーチを受け、厳しい手牌で回ることを余儀なくされた。しかし、手は崩さず徐々に押し返し、フリテン聴牌からのドラ引きシャンポン変化でリーチ。一発ツモの6000オールと見事なアガリを見せた。

東4局 小林の道中の手牌 ©ABEMA
東4局 小林の6000オール ©ABEMA

南2局では、勝又と沢崎が同じ待ちのリーチ。小林の一発消しのチーにより、勝又のツモ山から沢崎に流れ、沢崎が2000・4000のアガリを決めた。

南2局 沢崎の2000・4000 ©ABEMA

南3局は寿人と小林が同じ待ちの聴牌。ここは寿人が2000・4000のツモアガリでリードを広げてオーラスへ。

南3局 寿人の2000・4000 ©ABEMA

南4局では、小林が勝又から12000のアガリで一旦2着目に浮上するも、その後の1本場では沢崎が小林とのめくりあいを制して再び2着を逆転して決着。序盤に優位な立場を築いた寿人が勝ち切った。

南4局 小林の12000 ©ABEMA
南4局1本場 沢崎の2600 ©ABEMA
第1試合トップの寿人 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+63.9
2位 沢崎(サクラナイツ)+12.2
3位 小林(Pirates)▲10.1
4位 勝又(風林火山)▲66.0

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は勝又、朝倉、沢崎、寿人が出場。朝倉以外の3者は連続出場となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

朝倉は今回トキをイメージしたとされる奇抜なヘアースタイルで対局に挑んだ。

朝倉のヘアースタイル ©ABEMA

しかし、試合は勝又が先導。まずは東1局の親番で4巡目リーチの6000オールをいきなり炸裂させる。

東1局 勝又の6000オール ©ABEMA

東2局には寿人が2600オール、朝倉からの7700、5800とアガリを決めて勝又をかわしトップ目に立った。

東2局 寿人の2600オール ©ABEMA
東2局2本場 寿人の5800 ©ABEMA

その後も勝又と寿人の競り合いが続いたが、南1局に親番を迎えた勝又が高め一気通貫の3面張リーチを高めでツモってこのゲーム2度目の6000オールでリードを大きく広げた。

南1局 勝又の6000オール ©ABEMA

南1局2本場では、沢崎が赤が3枚ある配牌から七対子で進めて単騎でリーチを敢行。見事にをツモって裏ドラも。倍満ツモに仕上げた。

南1局2本場 沢崎の4000・8000 ©ABEMA

その後も更に上位との差を縮めるべく沢崎が3面張の先制リーチ。しかし単騎で追いかけた寿人が沢崎からのアガリを決めて勢いを封じた。

南2局 寿人の4800 ©ABEMA

その後は勝又、寿人が堅実なかわしで2人でアガリを決めて決着。勝又は初戦の4着を取り返すトップ、寿人はしっかりと2着を確保した。

南4局 寿人の1300 ©ABEMA
第2試合トップの勝又 ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+78.0
2位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+14.7
3位 沢崎(サクラナイツ)▲23.8
4位 朝倉(Pirates)▲68.9

11月20日トータル結果

麻雀格闘倶楽部+78.6
風林火山+12.0
サクラナイツ▲11.6
Pirates▲79.0

麻雀格闘倶楽部が寿人のトップ、2着。なんと和了10回の放銃0回という驚異的な活躍で4位、トータルポイントもプラスに転じた。そして個人スコアも寿人が村上をかわして首位に浮上した。

Piratesは朝倉が道中でのアガリ放棄以降、動揺を拭い去れないまま苦しい4着となった。今後メンタルを立て直しこれ以降の戦いに集中していきたい。

11月20日終了時点チームランキング ©ABEMA
11月20日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top