麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社

ネマタの手組の達人

Category
ネマタの手組の達人 第27回

ネマタの手組の達人 第27回

手組の達人第27回 #何切る 東1局西家3巡目 ドラ東 446m234668p45677s — ネマタ (@nemata1632) July 5, 2020 手組の達人第27回  ドラ 今回の問題。一見前回の上下対称形ですが、前回はだったのが今回は。トイツ+フォロー牌の「2+1枚」部分の1枚が、内寄りのか外寄りのかで違...
ネマタの手組の達人 第26回

ネマタの手組の達人 第26回

手組の達人第26回 #何切る 東1局南家3巡目 33456m224678s466p ドラ北 — ネマタ (@nemata1632) June 28, 2020  ドラ トイツ+フォロー牌の形が2組あり、全体でトイツが3つある1シャンテン。トイツが3つ以上ある場合、トイツを崩してカンチャンを残した場合の受け入れロスは2枚...
ネマタの手組の達人 第25回

ネマタの手組の達人 第25回

手組の達人第25回 #何切る 南1局南家2巡目 ドラ1s 44689m889p79s西西中中 — ネマタ (@nemata1632) June 21, 2020  ドラ 今回は、『もっと勝つための現代麻雀技術論実践編』応用演習13番より出題。私の実戦譜でもあります。私の想定解は打。三色やチャンタなら1アタマ4メンツの候...
ネマタの手組の達人 第24回

ネマタの手組の達人 第24回

手組の達人第24回 #何切る 東1局南家2巡目 ドラ白 113478m246p126s西西 — ネマタ (@nemata1632) June 14, 2020  ドラ 今回は『ネット麻雀・ロジカル戦術入門』の牌姿を取り上げました。打ち手の方は浮き牌を切りましたが、知人がのペンチャン切り以外有り得ないと反論。どうしても納...
ネマタの手組の達人 第23回

ネマタの手組の達人 第23回

手組の達人第23回 #何切る  東1局西家7巡目 ドラ6p 345m3445p1133568s — ネマタ (@nemata1632) June 7, 2020  ドラ 今回の問題も実は前回と同じ構図。一般の方がタンヤオ指向で切りを主張したのに、小島プロは三色指向でを切るべきと解説。それに対して天野氏が、切り以外の手は...
ネマタの手組の達人 第22回

ネマタの手組の達人 第22回

手組みの達人第22回 #何切る  東1局南家7巡目 ドラ北  679m67789p666789s — ネマタ (@nemata1632) May 31, 2020  ドラ 麻雀クイズ第22回でも取り上げた、小島プロの麻雀本からの出題。一般雀士の方が切りを主張したのに対して、小島プロは切りで789三色を指向すべきと解説さ...
ネマタの手組の達人 第21回

ネマタの手組の達人 第21回

手組の達人第21回 #何切る 東1局西家5巡目 ドラ9p 678m344556678p78s — ネマタ (@nemata4GG) May 24, 2020    ドラ アガリを目指して手を進めていると、アタマより先に4メンツできることもあります。テンパイにとって良形への変化を待つことも、そのまま即リーチする...
ネマタの手組の達人 第20回

ネマタの手組の達人 第20回

手組の達人第20回 #何切る 東1局東家6巡目 ドラ1m 1244566m赤56p45789s — ネマタ (@nemata4GG) May 17, 2020 東1局東家6巡目 ドラ 何切るで迷う定番と言えば、「切りたい牌がドラ」問題。シャンテン数に着目すれば、パターン化しづらく、明確な不要牌が無いことが多い2シャンテ...
ネマタの手組の達人 第19回

ネマタの手組の達人 第19回

手組の達人第19回 #何切る 東1局西家4巡目 ドラ北 579m677p赤566678s白白 — ネマタ (@nemata4GG) May 10, 2020 今回の手牌をパターン分けすると、「23222」。浮き牌の無い2シャンテンです。ターツ+フォロー牌の「2+1枚」をどのように固定するかがポイントですが、今回はがアタ...
ネマタの手組の達人 第18回

ネマタの手組の達人 第18回

手組の達人第18回 #何切る 東1局西家3巡目 ドラ3s 79m123789p236679s — ネマタ (@nemata4GG) May 3, 2020 上の手牌から何を切るかであれば、ツモでもテンパイするように打です。テンパイする受けが増えるように、メンツ候補を「2+1枚」の形で持つのがポイントです。 では今回のよ...
Return Top