麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/14 Mリーグ2020 結果】役満聴牌が2度の刺激的な1日!第一試合はサクラナイツ・岡田が積極的攻勢で勝ち切る!第二試合は雷電・黒沢がド級のアガリを決めて今シーズン最高スコアのトップ!!

【12/14 Mリーグ2020 結果】役満聴牌が2度の刺激的な1日!第一試合はサクラナイツ・岡田が積極的攻勢で勝ち切る!第二試合は雷電・黒沢がド級のアガリを決めて今シーズン最高スコアのトップ!!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン41日目の対局が12月14日(月)に開催された。

12月14日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林、白鳥 ©ABEMA

第1試合

第1試合は岡田、石橋、高宮、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局、清一色が見えそうだった手牌だが、ドラ両面を活かしたリーチに踏み切った岡田が5200のアガリ。

東1局 岡田の5200 ©ABEMA

東2では石橋の先制リーチを受けながらも猛然とプッシュ。ノベタン聴牌で追いつき躊躇なく追いかけ立直。石橋から一発で12000のアガリをモノにした。

東2局 岡田の12000 ©ABEMA

東3には白の一鳴きに出た瀬戸熊が高宮からドラ3のアガリで岡田に詰め寄る。

東3局 瀬戸熊の8000 ©ABEMA

やや苦しい立場で南2の親番を迎えた石橋だったが、南2局3本場に満貫聴牌している高宮とのめくりあいを制して7700のアガリを決めて3着目に浮上する。

南2局3本場 石橋の7700 ©ABEMA

しかしその後の4本場では、をポンして両面聴牌を入れた高宮が、生牌のを引き入れ聴牌崩し。そしてを重ねて高め大三元聴牌にたどり着いた。

南2局4本場 高宮の高め大三元聴牌 ©ABEMA

これに対して石橋は無しの手牌で果敢にペン聴牌。高宮とのめくりあいを挑んだが流局。は聴牌時山2で岡田に1枚流れたが、もう1枚は王牌という結果だった。

南2局4本場 高宮と石橋の2軒聴牌 ©ABEMA

その後の6本場では瀬戸熊が高宮から3900のアガリで岡田に追いすがるも、南3局で岡田が8000のアガリで再び引き離して決着。岡田が開幕日の10月5日以来の2勝目をようやく手にした。

南2局6本場 瀬戸熊の3900 ©ABEMA
南3局 岡田の8000 ©ABEMA
第1試合トップの岡田 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 岡田(サクラナイツ)+67.9
2位 瀬戸熊(雷電)+16.8
3位 石橋(Pirates)▲30.4
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲54.3

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は沢崎、小林、寿人、黒沢が出場。全チームメンバーチェンジとなった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1、東2と連続で黒沢がダマテンで寿人からのアガリを決める。

東2局 黒沢の8000 ©ABEMA

東4局には七対子ドラ3のリーチで寿人から12000のアガリを決めて更にリードを広げた。寿人は3度の黒沢への放銃で厳しい立場となった。

東4局 黒沢の12000 ©ABEMA

南2局に親番を迎えた寿人は2本場に沢崎のリーチを受けながらも丁寧に手牌を育て、同じ待ちの四暗刻単騎の聴牌にたどり着いた。しかしこれは空聴。なんとか流局に持ち込み連荘となった。

南2局2本場 寿人の四暗刻単騎聴牌は流局に ©ABEMA

連荘の末、4本場で沢崎から7700のアガリを決めて3着目に浮上した。

南2局4本場 寿人の7700 ©ABEMA

しかしその後の5本場では黒沢が寿人から8000のアガリを決めてほぼダメ押しの一撃。

南2局5本場 黒沢の8000 ©ABEMA

そして迎えた南3局の親番でリーチ・ツモ・平和・赤3・ドラ2・裏1の8000オールで更なる加点を決めた。

南3局 黒沢の8000オール ©ABEMA

その後の1本場では、小林の手牌にすべてのドラが集まる瞬間があったが、寿人が1300・2600のアガリで3着目に再び浮上。

南3局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 寿人の1300・2600 ©ABEMA

南4局、難しい点棒状況のオーラスとなった小林だったが、寿人のリーチを受けながらも直前に当たり牌を処理しつつ沢崎から5800のアガリで2着争いで一歩抜け出した。

南4局 小林の5800 ©ABEMA

最終局は黒沢がに狙いを定めたシャンポン待ちでリーチ。しっかりツモって今シーズン最高スコアのトップを獲得した。

南4局1本場 黒沢の2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップの黒沢 ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+101.3
2位 小林(Pirates)▲4.4
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲35.4
4位 沢崎(サクラナイツ)▲61.5

12月14日トータル結果

雷電+118.1
サクラナイツ+6.4
Pirates▲34.8
麻雀格闘倶楽部▲89.7

雷電が2開催連続で3桁プラス。最下位争いから一気に5位に浮上した。

12月14日終了時点チームランキング ©ABEMA
12月14日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top