麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/21 Mリーグ2020 結果】ABEMASが日向、多井と連勝!首位街道驀進中!

【1/21 Mリーグ2020 結果】ABEMASが日向、多井と連勝!首位街道驀進中!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン61日目の対局が1月21日(木)に開催された。

1月21日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は村上、黒沢、滝沢、日向の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は黒沢が七対子ドラ3の地獄単騎の待ちリーチ。村上から12000のアガリでリードを得た。

東1局 黒沢の12000 ©ABEMA

更に加点を目指した黒沢、東4局にリーチに出たが親の滝沢が猛プッシュ。黒沢から12000のアガリを決めてトップ目に浮上した。

東4局2本場 黒沢の12000 ©ABEMA

しかし細かいアガリを決めてトップ目に浮上した日向が南2局で村上との2軒リーチを制して更に加点。

南2局 日向の2000・4000 ©ABEMA

2着目の滝沢はオーラスに1局連荘に成功したが、その後の1本場では黒沢がダマテンの平和のみをアガらず、タンヤオに変化してからリーチ。滝沢からのアガリを決めた裏ドラが1枚乗れば2着浮上だったが裏は乗らず3着止まり。しかし着順浮上への執念を見せた。

要所でしっかりアガリを決めた日向が個人4勝目となるトップを手にした。

南4局 黒沢の3900 ©ABEMA
第1試合トップの日向 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+59.3
2位 滝沢(風林火山)+9.4
3位 黒沢(雷電)▲14.7
4位 村上(ドリブンズ)▲54.0

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田、萩原、滝沢、多井が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局はいきなり熾烈な3軒リーチ。多井が滝沢から8000のアガリで一歩リードを得た。

東1局 多井の8000 ©ABEMA

東2局は仕掛けた園田が萩原から8000のアガリで多井に追いすがる。

東2局 園田の8000 ©ABEMA

東3局は多井がタンヤオのシャンポン待ちから平和に振り替わってリーチ。1300・2600の加点に成功。

東3局 多井の1300・2600 ©ABEMA

東4局でも多井がドラドラの仕掛けをアガって1000・2000でリードを更に広げて南入。

東4局 多井の1000・2000 ©ABEMA

南1、南2はどちらも園田が萩原から3900のアガリを決めて点差を縮めた。

南1局 園田の3900 ©ABEMA
南2局 園田の3900 ©ABEMA

南3局は萩原のリーチに親の園田が聴牌プッシュ。しかし萩原に捕まり裏3の12000となり萩原は3着目に浮上した。

南3局 萩原の12000 ©ABEMA

南4局には萩原が滝沢との2軒リーチを制して5800のアガリを決めたが、その後の1本場では萩原が聴牌できずに流局。多井が逃げ切りトップを決めた。

南4局 萩原の5800 ©ABEMA
第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+64.2
2位 園田(ドリブンズ)+6.2
3位 萩原(雷電)▲18.3
4位 滝沢(風林火山)▲52.1

第2試合詳細データ ©ABEMA

1月21日トータル結果

ABEMAS(日向1着・多井1着)+123.5
雷電(黒沢3着・萩原3着)▲33.0
風林火山(滝沢2着・滝沢4着)▲42.7
ドリブンズ(村上4着・園田2着)▲47.8

ABEMASが連勝で大きくポイントを増やし、2位の風林火山とはダブルスコア以上のポイントを手にした。セミファイナル進出争いは依然として各チーム予断を許さない状況が続いている。

1月21日終了時点チームランキング ©ABEMA
1月21日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top