麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
勝又の氷さえも溶かす最終戦の熱量! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 最終節 53、54回戦(最終戦)レポート

勝又の氷さえも溶かす最終戦の熱量! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 最終節 53、54回戦(最終戦)レポート

CABO求人ニルウッドカバー

7/27(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第9節(最終節) 53、54回戦(最終戦)の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回までのポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_1_R

 

長期にわたる戦いも、ついに最終戦を迎える。

まずは、53回戦。

53回戦は1、2、7、8位という卓組と決まっている。

すなわち、こちらの卓は、もうほとんど結果が決まっている。

この半荘の結果にかかわらず、1、2位は勝ち抜け、7、8位は敗退だ。

しかし、敗退が決まっていても、石橋・内川は手を抜かない。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_2_R

石橋のオヤリーチ対し、内川がジュンチャン三色のテンパイからで放銃する。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_3_R

すると、トップ目に立った石橋は、こんな絶好のをダマテンにしてまでトップ取りにこだわった。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_4_R

石橋が、最終戦を意地のトップで締めくくった。

 

さて、続いて54回戦。ついに最終戦だ。

こちらは3~6位卓で、ボーダー付近の直接対決となるため、まだ全くわからない。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_5_R

たろうは大きなラスを引かない限り、ほぼ通過。

藤田、瀬戸熊、勝又はほぼトップ取り。ただし、勝又は、トップを取った上に藤田の着順を3着以下に落とすという条件がつきそうだ。

その勝又のオヤ番。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_6_R

ポンの後、もポンして何を切るか。

勝又の選択は打

ピンズのホンイツなのだが、前巡の白を先切りするところから始まり、ここでも先切りを選択した。

誰もが熱くなる最終戦を迎えて、なんという冷静さだろうか。

確かに、この先切りの効果は絶大である。

3フーロ目がポンになった場合、他家は「トイトイがあるのだからからの先切りはない」と考え、両面待ちは盲点となる。

また、3フーロ目がチーになった場合でも、やはりトイトイがあったはずなので、シャンポン待ちは盲点となる。

すると、この先切りが思わぬ効果を生む。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_7_R

藤田からリーチがかかったのだが、これがなんと待ち。

勝又は、先切りによって放銃を回避したのである。

 

これに対し、瀬戸熊が追い付く。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_8_R

ドラ雀頭で、悪くなさそうなペンでリーチといった。

 

そして、勝又もようやくテンパイ。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_9_R

 

3人テンパイの行方は・・・

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_10_R

瀬戸熊がマンガンツモで、トップ目に立った。

 

すると、そのままの点数状況で南3局。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_11_R

オヤ番の瀬戸熊、最終手番。

を打てばテンパイで、は打てない牌ではないのだが、瀬戸熊は安全牌のを抜いた。

オヤを続けて逆転のチャンスを増やすより、この点数状況でオーラスにいくことを選択したのである。

そして、運命のオーラス。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_12_R

勝負手のテンパイが入ったのは勝又だった。

ドラ表示牌の待ちで、どうせ出ることはないため、リーチで相手の行動に制限を与える。

リーチモーションも若干早く、勝又のテンションが上がっているのがわかる。

これでテンパイ連荘は確定だろう。

後は、を引けるかどうか。

ツモる手にも力が入る。

他家も、勝又のその熱を感じたというほどだ。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_13_R

数巡後、勝又がを引き寄せる。

「4000オール」

勝又は、そう言った。

ツモれば6000オールということは頭ではわかっているのだが、もう頭と口が連動しない。

氷のように冷静で、正確無比な勝又でさえ、最終戦の熱に焼かれているのだ。

これだけのトップ選手たちが、勝負に入り込み、のめり込み、熱くなる。

それだけの最高の舞台がRTDリーグだということだろう。

勝又は、この6000オールで勝ち抜けポジションまで急浮上すると、次局ではたろうにアシスト。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_14_R

たろうがカンから仕掛け始めると、鳴けそうな牌を積極的に下ろしていく。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_15_R

チャンタ気配のたろうに対し、ここからと打っていく。

しかし、なかなか鳴かれない。

チャンタのたろうに対し、自分の手牌がタンヤオで、アシストするには相性が悪い。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_16_R

ところが、ここでたろうがをポンしてテンパイ気配を出した。

これで何でも切れるようになった勝又。

ここからを打つ。

当たらない。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_17_R

次巡、打6p

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_18_R

きっちりと2巡で差し切った勝又が、たろうとともに準決勝進出を決めた。

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_19_R

RTDリーグ2017_WHITE_第9節53-54回戦_20_R

全54回戦を打ち切り、4位勝又と5位瀬戸熊の差はわずか20ポイント。

正に1着順が勝敗を分ける結果となった。

昨年も準決勝進出を果たした小林・村上と、昨年の雪辱を果たしたたろう・勝又が、準決勝に殴り込む。

準決勝は8/12(土)14:00からAbemaTV 麻雀チャンネルにて生放送!!

 

■次回7/31(月)21:00からBLACK DIVISION 第9節(最終節)49、50回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/CDxD1GdYrb1cCP

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top