麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【麻雀クイズ王】日本の麻雀で捨て牌をキチンと並べるようにしたのはなぜ?【梶やんの歴史クイズ】

【麻雀クイズ王】日本の麻雀で捨て牌をキチンと並べるようにしたのはなぜ?【梶やんの歴史クイズ】

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

毎日出題される問題に答えていけば、あなたも麻雀の歴史マスターに!

今日の問題はこちら!


梶本琢程さん(@takutei)から麻雀の歴史についての問題が出題!

問題

中国で生まれた麻雀は日本のルールやシステムと異なる部分が多いですが、その1つが捨て牌。中国は日本のように打ち手ごとに捨て牌を並べることはなく、河の中央の空きスペースに適当に捨てられます。では、日本の麻雀で捨て牌をキチンと並べるようにしたのはなぜでしょう?
1.イカサマ(拾い)防止のため 2.フリテンのルールができたから 3.チーポンの際、取牌しやすくするため
  

正解はこちらをクリック
2.フリテンのルールができたから

中国では他人のアガリ牌を捨てても、放銃者以外の2人も点棒を支払います。フリテンもありません。ですから、捨て牌を並べる必要もなく、好きなところに捨ててよかったのです。しかし、日本では放銃一人払いのルールができ、そのルールが採用された後、「Aの捨て牌をBが捨てたらAにロンされた」ということに納得できないプレイヤーが続出。そこで、自分の捨てた牌ではロンできない、いわゆるフリテンのルールが生まれました。そうなると誰が何を捨てたかを明らかにする必要がありますので、各自がきちんと捨て牌を並べるようなスタイルが確立したのです。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top