麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル

Maru-Jan( 2 )

Tagged
土田の捨て牌読み 67.ヤオチュー牌の連打

土田の捨て牌読み 67.ヤオチュー牌の連打

 役牌も含めて1段目の河にヤオチュー牌を連打している人がいたら、殆どの場合タンヤオを狙っています。  このような二つの捨て牌は、いずれもタンヤオ狙いだと素直に受け止めるべき河です。 関連するカテゴリー  『麻雀のすべて』 (総合ページ) 記事提供元 「麻雀のすべて」 最新の情報はコチラから http://mjall.j...
土田の捨て牌読み 66.役牌のトイツ落とし

土田の捨て牌読み 66.役牌のトイツ落とし

 割と早い段階で役牌をトイツ落とししてきたら、間違いなくタンヤオを狙っていると考えるのが一般論としては正しいです。  は非常に平凡です。、そして6巡目にを切ってきて、7巡目にも手からを出してきたら、タンヤオ、しかもリーチがかかりそうだというふうに圧力を感じなければいけません。  普通のピンフ形、あるいはタンヤオに近い河...
土田の捨て牌読み 65.役牌の早切り

土田の捨て牌読み 65.役牌の早切り

 タンヤオねらいの河は、ピンフと同じく1・9字牌が河に並んできますが、役牌の切りがピンフねらいの人よりも早くなりやすいです。  まではピンフと変わらない切り出しですが、と役牌を含むヤオチュー牌が早めに来て、その後にタンヤオの外側の牌が登場しています。  のような牌が4巡目までに並んで、タンヤオの大外のが出て、が出ていま...
土田の捨て牌読み 64.ペンチャン外しの遅さ

土田の捨て牌読み 64.ペンチャン外しの遅さ

 ピンフの河の読み方の一つとして、ペンチャンの形を引っ張るということがあります。2段目の河に差しかかってから外してくる河はピンフねらいが多いです。ただし、1巡目から5巡目までが平凡で、ヤオチュー牌が並んでいることが条件です。タンヤオねらいの手だと1や9は早めに外したくなりますけれども、ピンフねらいの場合にはペンチャンと...
土田の捨て牌読み 63.1・9牌の引っ張り

土田の捨て牌読み 63.1・9牌の引っ張り

 ピンフを狙っている河の特徴の一つとして、1・9牌を引っ張ることがあります。タンヤオの場合には1・9牌が早めに出てきやすいです。字牌はもちろん早めに出ますが、ピンフの場合は1・9牌も使えるので、4メンツ目の候補として1と9の孤立牌を抱えて3や7の引きを待つという打ち方をする人も多いです。  、ここまではいいです。を引っ...
土田の捨て牌読み 62.5の切りが早い

土田の捨て牌読み 62.5の切りが早い

 ピンフの河の特徴として、1巡目から3巡目までは普通の1・9字牌が出ていて、その後に5が現れて、違う色のタンヤオ牌がその後に続いてくることがあります。なぜ5が早く打てるのかというと、235とか578があるときに、ほかの色の構成が割と潤沢な手牌の場合には、5を早めに見切れるからです。  の切り出しは普通です。そこにが出て...
土田の捨て牌読み 61.2・8の入り混じる序盤

土田の捨て牌読み 61.2・8の入り混じる序盤

 ピンフ作りの不要牌を整理する順番の典型として、特に2・8の出が早まってくるというのは、タンヤオをねらっている手ではないということも非常に背景としてはあります。タンヤオをねらっている場合には22とか88という形をためたいのですが、ピンフをねらう場合には788の8とか223の2とかを早めに切っておくという算段も含まれなが...
土田の捨て牌読み 60.役牌の切り時

土田の捨て牌読み 60.役牌の切り時

 ピンフをねらう場合には、カンチャンとかを含みながら手牌が進行していくので、序盤の手牌構成に関しては、打ち手の頭の中は非常にシンプルになっています。良い形をどうやって作り上げていくかということに専念していますから、字牌、特に役牌に関してはノーケアです。役牌を持っていたらピンフになりませんから、役牌の切りが早くなるのは当...
土田の捨て牌読み 59.ドラ色数牌の出が遅い

土田の捨て牌読み 59.ドラ色数牌の出が遅い

 ドラ色というのは、相手の手牌進行の速度を計るのにとても重要な役割を示してくれることが多いです。がドラだとしたら、マンズの色の整理の早い人は手牌進行も早いです。特にドラの隣の牌、やを早めに切り出してこられる人は手牌進行がスムーズです。その反対に、ドラの色でもドラより遠い牌、やすら遅めに出てくるというのはよほど手牌進行が...
土田の捨て牌読み 58.1・2・8・9のかぶり

土田の捨て牌読み 58.1・2・8・9のかぶり

 1巡目から6巡目までの河に1・2・8・9が現れている頻度は高いですが、先に捨てた1・2・8・9がまた序盤のうちにかぶってくる河は進行が遅いと判断すべきです。  と切ってきて、がかぶっています。  第1打にを切って第2打にかぶり、を打ってを打ってを打って、またがかぶっています。このように、序盤の1巡目から6巡目までの河...
Return Top