麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
名古屋大学のhasetomoさんが国士無双で衝撃の逆転優勝を果たす! 「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル2020西場」大会結果

名古屋大学のhasetomoさんが国士無双で衝撃の逆転優勝を果たす! 「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル2020西場」大会結果

CABO求人ニルウッドカバー

〈以下プレスリリースより〉

日本最大の学生麻雀団体である一般社団法人学生麻雀連盟(理事長:正能和仁、所在地:東京都渋谷区、以下学雀連)は、2020年12月19日・20日に「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル2020西場」(以下雀魂杯)を開催いたしました。

大会結果

麻雀ゲーム「雀魂」を使用して行う雀魂杯は、小学生以上の学生が参加可能な大会です。今大会は学生314名が参加し、その中で頂点に立ったのは、名古屋大学の「hasetomo」さんです(参加名は雀魂のユーザー名)。予選はランダム対戦で、連続5戦のスコア上位32名が本戦に出場します。hasetomoさんはベスト8戦で、オーラスで全員に決勝戦進出のチャンスがある中、ラスト1枚のアガリ牌を海底摸月でツモり、33,900点のトップで決勝戦へと駒を進めました。

決勝戦に進んだのは、名古屋大学の「hasetomo 」さん、金沢工業大学の「Akashina」さん、千葉県立柏南高等学校の「abcdef」さん、帝塚山大学の「最強の闇」さんの4名です。決勝戦の開幕となる東1局は、親番のhasetomoさんの先制リーチのツモアガリでスタート。接戦の中、東4局1本場で、親番のAkashinaさんが南待ちで国士無双のテンパイをするも、上家のリーチを受けてイーシャンテンに戻します。しかし、再び南待ちの国士無双でテンパイし、最強の闇さんから国士無双を出アガります。親の役満のアガリで、hasetomoさんとトップの差は53,000点に。南1局、親番のhasetomoさんは鳴きで仕掛けてテンパイするも、Akashinaさんのリーチに放銃。南3局1本場では、hasetomoさんが最後のツモでテンパイし、海底摸月でアガリ牌が出るも、満貫の出アガリを見逃し親に連荘をさます。

決勝戦:南3局でのアガリ牌「中」の見逃し

しかし、南3局2本場でAkashinaさんがダマテンを出アガり、hasetomoさんはトップと35,200点の差をつけられてオーラスへ。南4局、hasetomoさんが優勝するには、三倍満ツモアガリという厳しい条件の中、2巡目で国士無双のイーシャンテン、5巡目で一萬待ちの国士無双のテンパイを入れます。abcdefさんからアガリ牌が出るも、優勝を狙うため二度見逃します。緊張が走る中、最強の闇さんのリーチ後にAkashinaさんがアガリ牌を切り、hasetomoさんはトップから直撃での国士無双を出アガリ、衝撃の逆転優勝を果たしました。1半荘で2回も国士無双が出る、息を呑む戦いとなりました。

決勝戦:東4局での国士無双のアガリ

■大会結果※敬称略
優勝:hasetomo(名古屋大学)
準優勝:Akashina(金沢工業大学)
3位:abcdef(千葉県立柏南高等学校)
4位:最強の闇(帝塚山大学)


優勝インタビューでは、「オーラスに倍満ツモ条件を残すために、南3局1本場では跳満でのアガリを目指していたが、満貫の手だったため、中を見逃しました。東場で国士無双が出た時は終わったと思いました。一生モノの思い出にしたいです」とコメント。学生麻雀日本
一決定戦への出場権を獲得し、「大きい大会に出るのは初めてなので、少しでも良い結果を残せるように精一杯頑張りたいです」と大会への抱負も語りました。

解説者:山田独歩プロのコメント

準決勝にいたるまでの戦いは、スピード感のある手作りが非常に多く、誰かが先制でテンパイしても簡単には辞めず、後から追いついた人がアガる、粘りある展開が多くて身超え耐えがありました。決勝戦では、東場に国士無双が1回、オーラスにトップからの国士無双直撃が出て、本当にドラマチックな展開で忘れない戦いとなりました。今まで競技麻雀の大会を数多く見てきましたが、こんなにドラマの詰まった戦いは初めてです。

エキシビションマッチ

大会終了後、優勝者のhasetomoさん、MCの千羽黒乃さん、解説の山田独歩プロ、そして視聴者枠を勝ち取ったSagagagagaさんで、エキシビションマッチの半荘戦を行いました。東1局、親番Sagagagagaさんの満貫ツモアガりでスタートするも、東1局1本場で、千羽黒乃さんと山田独歩プロがSagagagagaさんから出アガり、Sagagagagaさんのダブロン放銃に。しかし東2局でSagagagagaさんは、裏ドラ3枚を乗せた満貫をhasetomoさんから出アガり、失点を取り返します。Sagagagagaさんのトップで南場に突入し、南1局のhasetomoさんのツモアガりで、千羽黒乃さんが4着に。南2局は千羽黒乃さん、南3局は山田独歩プロがそれぞれツモアガり、山田独歩プロのトップでオーラスを迎えます。最後は山田独歩プロが出アガり勝利を決め、終了いたしました。

大会概要

イベント名

「雀魂杯オンライン学生麻雀カーニバル2020西場」
https://gakusei-majan.com/event/carnival.html

開催日時

予選:2020年12月19日(土)・本戦:2020年12月20日(日)

タイムテーブル

予選:2020年12月19日(土)12時~18時
本戦:2020年12月20日(日)14時~20時半
※20日の16時から、本戦2回戦以降の生配信を行います

会場

オンライン(Web版・アプリ版、どちらでも参加可能)

参加資格

◆以下3つの条件を全て満たす方
①学雀連に加盟している小学生以上の学生
②オンライン麻雀「雀魂」のIDを持っている
③学雀連Twitter(https://twitter.com/gakujanren)、学雀連LINE(http://line.me/ti/p/%40gakujanren)のうち、 少なくともどちらかをフォローしている

参加費

無料

競技ルール

学雀連ルールに準拠(https://gakusei-majan.com/rule/
※予選は東風戦、本戦は半荘戦。本戦決勝のみトビ終了なし
※一部ネット対戦向けに変更あり

予選システム

・東風戦のランダム対戦で、連続5戦のベストスコア上位32名が本戦に出場。
※時間内に何回でも打て、その中の連続5戦の最高ポイントを採用
・本戦に欠席が出た場合は、その時大会ルーム内にいる選手を予選順位に応じ繰り上げる。

本戦システム

・32名で1回戦を行い、各卓上位2名が次戦に進むトーナメント戦。
・32名→16名→8名→4名となり、勝ち上がり4名での決勝戦を行う。
・決勝戦はトビ終了無し

実況・解説

M C:未定
解説:山田独歩(最高位戦日本プロ麻雀協会所属)

配信

2020年12月20日(日)16時開始予定※本戦2回戦(ベスト16)からの様子を生配信
YouTube:麻雀ウォッチチャンネル(https://www.youtube.com/c/mjnewsnet

賞品

<優勝>
・アモスグランドチャンピオンシップ2020-2021(学雀連主催)への出場権
※高校生以下は対象外
・祈願の巻物10枚+60万コイン+雀魂オリジナルグッズ

<準優勝・3位・4位>
・RGC(学雀連主催)への出場権※高校生以下は対象外
・祈願の巻物5枚+30万コイン+雀魂オリジナルグッズ(準優勝)
・祈願の巻物3枚+25万コイン+雀魂オリジナルグッズ(3位)
・祈願の巻物2枚+20万コイン+雀魂オリジナルグッズ(4位)

<特別賞>
・対局中に出した役満1回につき、祈願の巻物1枚をプレゼント

※上位32位までの方には賞品があります
※祈願の巻物およびコインは、雀魂内で使用できるアイテムです

後援

株式会社Yostar(https://www.yostar.co.jp/

主催

一般社団法人学生麻雀連盟(https://gakusei-majan.com/

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top