麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【PR】学雀連代表が本気で「ツモツモグランプリ」に参加してみた【6本場】

【PR】学雀連代表が本気で「ツモツモグランプリ」に参加してみた【6本場】

CABO求人MEWS

こんにちは!

いよいよ第一回ツモツモグランプリも今週末で終わります。やっぱり上位4人に入るにはスタートダッシュしてそのまま逃げ切らないといけないですね。

第二回大会が始まる来週月曜からまた頑張ります!

さて、前回「次回は何切る回」と告知したのですが、今回は何切るというよりは一個の対局のオーラスの流れで打牌を見ていきたいと思います。

東四局1本場

親で迎えたオーラス一本場ドラは

トップとは4300点差の2着、しかし3着と5700点差、4着とは7000点差とあまり点差が離れていないので、長引かせず早くきめちゃいところ。

配牌が良くて6巡目にこの形なっているところに上家から出る

オーラス1-s

これを鳴くかどうか。

現在イーシャンテンで鳴いてもイーシャンテンですが、鳴かないと引かないとテンパイできませんが、鳴くとでテンパイを取れます。

受け入れがとても広くなったというわけではないですが、打点も5800とトップ条件を満たし、鳴いた後のポンなどの変化を考えると鳴き有利と判断。チーして打

その後を引いてを切り二枚目のを引いた場面

オーラス2-s

ここではの二択になると思います。

まず枚数を数えると残り4枚に対しが残り3枚と1枚だけ差があります。

しかし、上家がソーズ切ってくれなさそうなのと、チーよりもポンの方が全員から鳴くチャンスがあるのでここは落とし。

その後をポンして、そのまま流局。

オーラス3-s

しかし、上家もテンパイしているので点差は縮まりません。

本場を積んで次の局へいきます。

東四局2本場

続いて2本場、ドラはでこんな配牌

オーラス4-s

うーん、微妙。立直ドラ1の3900は4500が現実的かな~と思いながら手を進めていると、 

オーラス5-s

こんな手になりました、さぁ何切る。

ドラのは使いたいのと、少し遠いけどピンズが横に伸びれば下の三色も見えます。かつ現在4対子なのでチートイも視野に入れつつといった感じで打

オーラス6-s

すると3巡後に絶好のを引いて横に伸ばしていことを決めます。

ここで、マックスに受けると打ですが河を見るとが2枚枯れています。さらにドラ表にがいるので縦の受けがほぼない状況。ここでを打って

のシャンテンにとっても、ドラがなこともあり大体が無駄になります。

ここは先にを打ってにくっつくのを待ちます。

このあとを引いて打としたところで、

オーラス7-s

トップ目の上家からリーチが入ります。上家とはトップ争いをしているので勝負しなければいけませんが、

オーラス8-s

ここでを引きます。無筋かつドラマタギ、ここでを抜いてオリてしまうと復活はほぼ不可能なので、粘りで筋のを打ちます。

オーラス9-s

この直後を引きます。さすがにこの牌は押せずノーチャンスのでオリます。しかし、まだ諦めたわけではありません。

オーラス10-s

リーチ者がをツモ切りました。このをチーするかですが、ケイテンを取るにはさっき掴んだをどうにかして処理しなければいけません。もし鳴けば、

の形になりリャンメンが二つのイーシャンテンになります。ドラを押すかどうかは別として、どうせ安牌がないなら前にでてテンパイ復活のチャンスを増やしましょう!

というわけでチー打。すると、

オーラス11-1-s

最後のツモでテンパイしました。しかし押さなきゃいけないのは一枚も見えてないドラの

いや~さすがに押せないかなぁ。しかし、ここである有名人の言葉が頭によぎります。

???「押すなよ!絶対押すなよ!」

あぁ、やっぱり押さない方がいいですね。ささったら一気にラス落ちまであるし、さすがに・・・オーラス11-1-1-s

 

というわけでテンパイとりました(^o^)

記事的には刺さっても面白いような・・・

ちょっと長くなったので、続きはまた今度書きます。

大会の詳細は、麻雀ウォッチのコチラ↓の記事からどうぞ!

上位4名は賞金ゲット!スマホアプリ『麻雀ツモツモ』にて『麻雀王国カップ』開催決定!

麻雀ツモツモのダウンロードは↓こちら

新着記事

Return Top