麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
将棋AI開発者は麻雀AI開発に興味あり!?ただし大きな賞金が必須か!?

将棋AI開発者は麻雀AI開発に興味あり!?ただし大きな賞金が必須か!?

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 第1期将棋電王戦の第2局が5月21・22日に行われ、PONANZAが第1局に続いて山崎隆之叡王に勝ちました。来年の電王戦では、羽生善治四冠の参加が発表され、ますます注目が集まっています。

 PONANZAが連勝で第1電王戦終了。第2期叡王戦に羽生名人がエントリーで、いよいよコンピューターとの対決なるのか!? - Engadget Japanese

 電王戦公式サイト

 

 その中で、将棋ソフト「やねうら王」の開発者、磯崎元洋さんが、「大きな賞金の出る麻雀AIの大会があれば、世界最強の麻雀AIを引っ提げて参加する」とツイートしました。

 

 また、将棋ソフト「Labyrinthus」の開発者・香上智さんや「SilverBullet」の開発者・手塚規雄さんも

 とツイートしており、人類を圧倒しつつある将棋AIの開発者は、次のテーマとして不完全情報ゲームの麻雀AIに興味があるのかもしれません。

 ただし、大きな賞金が出ることがモチベーションになるということなので、「麻雀電王戦」の実現にはそれなりのお金が必要だということですね。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top