麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/9  Mリーグ2020 結果】雷電・黒沢がセレブ打法を見せつけトップ!サクラナイツ・沢崎も終盤の粘り腰で大トップを獲得!

【10/9 Mリーグ2020 結果】雷電・黒沢がセレブ打法を見せつけトップ!サクラナイツ・沢崎も終盤の粘り腰で大トップを獲得!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン4日目の対局が10月9日(金)に開催された。

10月9日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林、近藤 ©ABEMA

第1試合

第1試合は堀、朝倉、日向、黒沢の対戦。今季唯一の新メンバー堀の動向に注目が集まった。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

しかし東一局、朝倉のリーチに手詰まりいきなり5200放銃という幸先の悪いスタートとなる。

東1局 朝倉の5200 ©ABEMA

朝倉はその後東2局の親番で高め三色のリーチに出るも、その高めの単騎で黒沢も追いかけ立直、その後日向もリーチに出たが日向が掴んだのは。頭ハネで黒沢のアガリとなった。

東2局 朝倉のリーチ ©ABEMA
東2局 黒沢の3200 ©ABEMA

更に東4局1本場の親番で黒沢は4000オールを決めてリードを広げる。

東4局1本場 黒沢の4000オール ©ABEMA

南3局には日向が2000オール、4000オールをアガリを決めて黒沢を逆転、トップ目に浮上する。

南3局1本場 日向の4000オール ©ABEMA

その後の2本場、苦しい展開が続いた堀がようやく初アガリの2000・4000を決める。

南3局2本場 堀の2000・4000 ©ABEMA

オーラスは黒沢が一発ツモの6000オール。一気にリードを広げて試合を決めた。

南4局 黒沢の6000オール ©ABEMA
第1試合トップの黒沢 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 黒沢(雷電)+66.8
2位 日向(ABEMAS)+7.4
3位 堀(サクラナイツ)▲23.2
4位 朝倉(Pirates)▲51.0

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は沢崎、小林、松本、萩原が出場。この試合で今季のMリーガー30名全員が出場したことになる。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

序盤は小林と松本の競り合いとなった。

東1局は小林が地獄単騎の待ちで松本から6400を討ち取ったが、東2局には松本が小林から12000のアガリを決める。

東1局 小林の6400 ©ABEMA
東2局 松本の12000 ©ABEMA

その後の1本場、小林は松本のリーチを受けながらも3000・6000のアガリで一歩抜け出した。

東2局1本場 小林の3000・6000 ©ABEMA

南2局1本場には沢崎がメンホンの8000をアガって小林との差をあと僅かまで縮める。

南2局1本場 沢崎の8000 ©ABEMA

南3局には親の小林が松本から12000をアガりリードを広げた。

南3局 小林の12000 ©ABEMA

しかしオーラスの親番にめっぽう強い沢崎。しっかり手を入れて小林から12000の直撃に成功。見事自身の今季の初陣を勝利で飾った。

南1局2本場 沢崎の12000 ©ABEMA
第2試合トップの沢崎 ©ABEMA
第2試合の詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 沢崎(サクラナイツ)+86.4
2位 小林(Pirates)+18.4
3位 松本(ABEMAS)▲31.7
4位 萩原(雷電)▲73.1

10月9日トータル結果

サクラナイツ+63.2
雷電▲6.3
ABEMAS▲24.3
Pirates▲32.6

サクラナイツは沢崎のトップでトータル3位に浮上した。

10月9日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top