麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/22  Mリーグ2020 結果】フェニックス・近藤、Pirates・朝倉が勝利を勝ち取る!麻雀格闘倶楽部は連続4着で苦しい一日に

【10/22 Mリーグ2020 結果】フェニックス・近藤、Pirates・朝倉が勝利を勝ち取る!麻雀格闘倶楽部は連続4着で苦しい一日に

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン11日目の対局が10月22日(木)に開催された。

10月22日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は村上、日吉 ©ABEMA

この日は実況解説の掛け合いに名場面が多く、村上が朝倉のキャッチフレーズとして「ウマぶりホースマン」を発案したものの見事にスルーされ、村上がおどける場面や

日吉のスルーにおどけた表情を見せる村上 ©ABEMA

番組のエンディングで、日吉が村上「じぇん」と噛んでしまい、村上に爆笑されるなど、非常に和やかな場面が見られた。

日吉に自分の名前を噛まれ、大笑いする村上 ©ABEMA

第1試合

第1試合は亜樹、瑞原、高宮、近藤の対戦。女性3人のチームであるフェニックスから唯一男性が出場という珍しいパターンとなった。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東3局、親番を迎えた瑞原が待ちでを一発ツモ。なんと瑞原は2019シーズンではリーチ一発でのアガリがなく、2シーズン目にして初めての一発ツモを決めた。

東3局 瑞原の4000オール ©ABEMA

その次局も厳しい配牌から丁寧に進行、ダブを自力で暗刻にした12000をダマテンにして高宮からのアガリを決めた。

東3局1本場 瑞原の12000 ©ABEMA

しかし東4局4本場の親番で近藤がドラドラの七対子をリーチ。見事にツモって6000オール。一気に瑞原をかわしてトップ目に立った。

東4局4本場 近藤の6000オール ©ABEMA

その後も近藤は的確にアガリを決めてリードを確保。

南2局 近藤の1300・2600 ©ABEMA

オーラス瑞原は満貫ツモ条件でリーチに漕ぎつけたが、アガリ牌は脇に流れ流局。近藤は個人連勝を決めた。

第1試合トップの近藤 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 近藤(フェニックス)+68.5
2位 瑞原(Pirates)+20.6
3位 亜樹(風林火山)▲21.3
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲67.8

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は勝又、朝倉、藤崎、和久津が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局1本場に朝倉が満貫ツモで一歩リード。

東1局1本場 朝倉の2000・4000 ©ABEMA

東4局の親番でも4000オールの加点で差を広げた。

東4局 朝倉の4000オール ©ABEMA

その後は勝又が的確にアガリを決めて点差を縮めにかかる。

南1局 勝又の2000オール ©ABEMA
南2局 勝又の2000・4000 ©ABEMA

南3局は現状4着目の藤崎が2000・4000のアガリで3着目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局 藤崎の2000・4000 ©ABEMA

オーラスは満貫ツモで3着浮上条件の和久津がドラ3のリーチ。ツモって裏1の3000・6000で決着。トップは朝倉の逃げ切りとなった。

南4局 和久津の3000・6000 ©ABEMA
第2試合トップの朝倉 ©ABEMA
第2試合の詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 朝倉(Pirates)+61.3
2位 勝又(風林火山)+11.2
3位 和久津(フェニックス)▲22.8
4位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)▲49.7

10月22日トータル結果

Pirates +81.9
フェニックス +45.7
風林火山 ▲10.1
麻雀格闘倶楽部 ▲117.5

先日連勝で最下位を脱出した麻雀格闘倶楽部が連続4着で再び最下位に陥落。Piratesは2着1着でポイントを大きくプラスした。

10月22日終了時点チームランキング ©ABEMA
10月22日終了時点個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top