麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/8 Mリーグ2020 結果】第一試合は麻雀格闘倶楽部・寿人が怒涛のリーチ攻勢で個人8勝目!第二試合はフェニックス・茅森が苦しいチームを救う個人3勝目!

【12/8 Mリーグ2020 結果】第一試合は麻雀格闘倶楽部・寿人が怒涛のリーチ攻勢で個人8勝目!第二試合はフェニックス・茅森が苦しいチームを救う個人3勝目!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン38日目の対局が12月8日(火)に開催された。

12月8日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋、勝又 ©ABEMA

第1試合

第1試合は寿人、石橋、白鳥、和久津の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局に親の白鳥が先引っ掛け含みの嵌リーチ。和久津が追いつくもが余剰牌となり苦渋の放銃、なんとリーチ・中・一盃口・ドラ4・裏2の24000となりいきなり大きな一撃となった。

東1局 白鳥の24000 ©ABEMA

しかしここから寿人が猛チャージを見せる。東2局1本場では寿人が白鳥から8000のアガリで点差を縮める。

東2局2本場 寿人の8000 ©ABEMA

その次局でも寿人が白鳥から2000のアガリであっという間にトップ目は入れ替わった。

東3局 寿人の2000 ©ABEMA

東4局1本場は更に加点を狙った寿人の親リーチをかいくぐって和久津が2000・4000のアガリで南入。

東4局 和久津の2000・4000 ©ABEMA

南2局は1本場では寿人が要所のリーチをしっかりツモって2000・4000で一歩リードを得た。

南2局1本場 寿人の2000・4000 ©ABEMA

南3局1本場でも先制の役アリ聴牌をリーチ。石橋から8000のアガリでセーフティリードを得てしっかり逃げ切った。

南3局1本場 寿人の8000 ©ABEMA
第1試合トップの寿人 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+66.5
2位 白鳥(ABEMAS)+9.0
3位 石橋(Pirates)▲18.8
4位 和久津(フェニックス)▲56.7

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は藤崎、瑞原、日向、茅森が出場。全チームメンバーチェンジとなった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は親の瑞原がホンイツの仕掛けで藤崎から5800の先制。

東1局 瑞原の5800 ©ABEMA

その後は小さいアガリが続き接戦のまま南入。南1局1本場は茅森が国士無双のイーシャンテンまで進むも、日向が藤崎から3900のアガリで女性陣が更に接戦となった。

南1局1本場 日向の3900 ©ABEMA

南2局は藤崎が七対子のリーチ。仕掛けた茅森も満貫の聴牌となった。瑞原に勝負手が入りリーチに出るも、宣言牌が茅森に捕まり茅森が8000のアガリを決めた。

南2局 茅森の8000 ©ABEMA

南3局は瑞原が藤崎との2軒リーチを制して8000のアガリ。オーラスに満貫ツモでのトップ条件を残した。

南3局 瑞原の8000 ©ABEMA

オーラスは瑞原がツモればトップのリーチに出るも、藤崎がアガリを決めて決着。茅森が苦しいチーム状況を救う大きな1勝を手にした。

南4局 藤崎の1000・2000 ©ABEMA
第2試合トップの茅森 ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+57.2
2位 瑞原(Pirates)+7.6
3位 日向(ABEMAS)▲13.6
4位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)▲51.2

12月8日トータル結果

麻雀格闘倶楽部+15.3
フェニックス+0.5
ABEMAS▲4.6
Pirates▲11.2

各チームほぼポイントを分け合う結果となった。フェニックスはわずかなプラスだったが、雷電をかわして7位に浮上した。

12月8日終了時点チームランキング ©ABEMA
12月8日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top