麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/5 Mリーグ2020 結果】Pirates・瑞原、雷電・黒沢が勝利!雷電が2位に浮上、Piratesポイントを増やしてセミファイナル争いが更に激化!!

【2/5 Mリーグ2020 結果】Pirates・瑞原、雷電・黒沢が勝利!雷電が2位に浮上、Piratesポイントを増やしてセミファイナル争いが更に激化!!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン70日目の対局が2月5日(金)に開催された。

2月5日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉・渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は滝沢、瑞原、松本、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は親の瑞原がホンイツの仕掛けで2600オールのアガリで連荘。

東1局 瑞原の2600オール ©ABEMA

東1局2本場では瑞原が高め一盃口のリーチ。高めツモの4000オールを決めてリードを広げた。

東1局2本場 瑞原の4000オール ©ABEMA

その後の3本場では滝沢がドラ4の平和聴牌。瑞原も聴牌を入れていたが滝沢がツモって3000・6000のアガリを決めた。

東1局3本場 滝沢の3000・6000 ©ABEMA

東2局は松本が高め三色のリーチ。高めツモの3000・6000で点差を縮めた。

東2局 松本の3000・6000 ©ABEMA

東4局には瑞原が松本から満貫のアガリを決めてリードを広げて南入となった。

東4局 瑞原の8000 ©ABEMA

南1局は松本が七対子のリーチ。滝沢から満貫のアガリを決めた。

南1局 松本の8000 ©ABEMA

南2局でも松本がホンイツ・七対子・ドラ2の12000をトップ目瑞原から直撃。一気にトップ目に浮上した。

南2局 松本の12000 ©ABEMA

4着目で親番を迎えた瀬戸熊だったが、2局連続の4000オールを決めて一気にトップ目まで浮上した。

南3局1本場 瀬戸熊の4000オール ©ABEMA
南3局2本場 瀬戸熊の4000オール ©ABEMA

3着目となった瑞原だが、南3局3本場にチャンタのリーチで松本から6400。2着目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局3本場 瑞原の6400 ©ABEMA

オーラス瑞原は満貫条件。ドラドラの先制リーチに辿り着いてツモアガリを決めて苦しいチームに大きな一勝を持ち帰った。

南4局 瑞原の2000・4000 ©ABEMA
第1試合トップの瑞原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑞原(Pirates)+60.1
2位 瀬戸熊(雷電)+16.8
3位 松本(ABEMAS)▲22.7
4位 滝沢(風林火山)▲54.2

第一試合詳細結果 ©ABEMA
第一試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は勝又、小林、多井、黒沢が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は小林が仕掛けて500・1000のアガリ。

東1局 小林の500・1000 ©ABEMA

東3局は勝又が仕掛けて小林から8000のアガリで一歩リードを得た。

東3局1本場 勝又の8000 ©ABEMA

東4局は黒沢と勝又の2軒リーチ。黒沢が2000・4000のアガリを決めてトップ目に浮上した。

東4局 黒沢の2000・4000 ©ABEMA

南1局は親の黒沢が先制リーチ。小林に追いかけられながらもツモって裏裏の4000オールで大きく抜け出した。

南1局 黒沢の4000オール ©ABEMA

南1局2本場は多井がホンイツの仕掛けで勝又から3900のアガリで2着目に浮上。

南1局2本場 多井の3900 ©ABEMA

南2局は小林がリーチ。聴牌を入れていた多井から5200のアガリで2着争いは接戦に。

南2局 小林の5200 ©ABEMA

南4局は小林との仕掛けあいを勝又が制して2000点のアガリで連荘。

南4局1本場 勝又の2000 ©ABEMA

その後の2本場は多井がドラポンのチャンタ聴牌。しかし七対子赤のリーチに辿り着いた小林が多井からのアガリを決めて裏裏。値千金の2着浮上を決めた。トップは黒沢が悠々と逃げ切りを決めた。

南4局2本場 小林の12000 ©ABEMA
第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+69.5
2位 小林(Pirates)+4.7
3位 勝又(風林火山)▲17.9
4位 多井(ABEMAS)▲56.3

第2試合詳細データ ©ABEMA

2月5日トータル結果

雷電(瀬戸熊2着・黒沢1着)+86.3
Pirates(瑞原1着・小林2着)+64.8
風林火山(滝沢4着・勝又3着)▲72.1
ABEMAS(松本3着・多井4着)▲79.0

雷電が大きくスコアを伸ばして2位に浮上。風林火山は貯金を大きく切り崩して次4着を引くとマイナスポイントに突入する所まで来てしまった。Piratesは今週トップ2回2着2回で大きくポイントを増やしてセミファイナル進出圏が大きく迫りまだまだ首位ABEMAS以外は予断を許さない状況となっている。

2月5日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月5日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top