麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【2/15 Mリーグ2020 結果】雷電が萩原、瀬戸熊と連勝!3位に浮上してセミファイナル進出に大きく近づく!

【2/15 Mリーグ2020 結果】雷電が萩原、瀬戸熊と連勝!3位に浮上してセミファイナル進出に大きく近づく!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン75日目の対局が2月15日(月)に開催された。

2月15日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・土田 ©ABEMA

第1試合

第1試合は村上、萩原、亜樹、高宮の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は村上が先制の3面張リーチ。安めながらも一発ツモの2600オールで一歩リード。

東1局 村上の2600オール ©ABEMA

その後の1本場は萩原が村上から七対子の6400のアガリを決めて萩原がトップ目に。

東1局1本場 萩原の6400 ©ABEMA

東2局は亜樹と高宮の2軒リーチ。親の亜樹が安めながらも1300オールで連荘。

東2局 亜樹の1300オール ©ABEMA

東3局2本場は村上が跳満のダマテン。ツモって3000・6000となり一歩接戦を抜け出した。

東3局2本場 村上の3000・6000 ©ABEMA

東4局は萩原が3軒聴牌を制して高宮から8000のアガリを決めて南入。

東4局 萩原の8000 ©ABEMA

南1局1本場は亜樹と萩原の2軒リーチ。萩原が亜樹から河底でのアガリを決めて12000。村上をかわしてトップ目に立った。

南1局1本場 萩原の12000 ©ABEMA

南2局は親の亜樹が先制リーチ。安全牌がない状況となった村上から7700のアガリを決めて3着目に。

南2局 亜樹の7700 ©ABEMA

南2局1本場は村上が高めツモ3倍満のチンイツ、萩原はツモれば四暗刻の聴牌を入れるも結果は流局となった。

南2局1本場 村上、萩原の大物手は流局に ©ABEMA

その後の2本場では萩原が村上から3900でほぼダメ押しと言える加点に成功した。

南2局2本場 萩原の3900 ©ABEMA

南3局1本場は高宮が早いリーチで2000・4000を決めて僅かながらも3着目に浮上してオーラスの親番を迎える。

南3局1本場 高宮の2000・4000 ©ABEMA

南4局は村上が2着確定のアガリを決めて決着。萩原が個人3勝目を決めてチームのポイントをプラスに転じさせた。

第1試合トップの萩原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 萩原(雷電)+66.8
2位 村上(ドリブンズ)+10.5
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲50.2
4位 亜樹(風林火山)▲27.1

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、瀬戸熊、勝又、藤崎が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は親の瀬戸熊にドラ3のチャンス手が入り、しっかりポンテンを取り4000オールのアガリを決める。

東1局 瀬戸熊の4000オール ©ABEMA

その後は細かいアガリが続いたが、東4局に藤崎がダマテンでたろうから5200のアガリを決めて南入。

東4局 藤崎の5200 ©ABEMA

南1局1本場は藤崎が1000・2000のアガリで瀬戸熊に一歩詰め寄る。

南1局1本場 藤崎の1000・2000 ©ABEMA

南3局1本場は勝又が藤崎との2軒リーチを制して2着目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局1本場 勝又の3900 ©ABEMA

オーラスは4着目のたろうがドラポンから発進。加カンも二つ行って跳満聴牌に仕上げた。ツモれば大逆転トップとなる聴牌だったが待ち牌は山に無く、親の勝又も聴牌を入れられずに決着。瀬戸熊はこのゲームのアガリは東1局の4000オールのみだったが、逃げ切りトップを決めた。

南4局 たろうの跳満聴牌は流局 ©ABEMA
第2試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+50.4
2位 勝又(風林火山)+9.0
3位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)▲17.4
4位 たろう(ドリブンズ)▲42.0

第2試合詳細データ ©ABEMA

2月15日トータル結果

雷電(萩原1着・瀬戸熊1着)+117.2
風林火山(亜樹3着・勝又2着)▲18.1
ドリブンズ(村上2着・たろう4着)▲31.5
麻雀格闘倶楽部(高宮4着・藤崎3着)▲67.6

雷電がここ一番での大きな連勝で3位に浮上。ここ最近苦戦が続いている麻雀格闘倶楽部が7位に陥落とセミファイナル進出争いに大きな動きとなった。1日単位で100ポイント前後の動きが発生するルールであり、まだまだ予断を許さない終盤戦が続く。

2月15日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月15日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top