麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【2/23 Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部・寿人、フェニックス・近藤がトップ!寿人の個人スコアは遂に500を越える!!

【2/23 Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部・寿人、フェニックス・近藤がトップ!寿人の個人スコアは遂に500を越える!!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン80日目の対局が2月23日(火)に開催された。

2月23日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・金 ©ABEMA

第1試合

第1試合は勝又、和久津、寿人、松本の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は親の寿人が4巡目リーチで2600オールのアガリを決めて幸先のよいスタート。

東1局 寿人の2600オール ©ABEMA

東2局には勝又が連荘するも3本場で和久津が3000・6000を決めてトップ目に浮上。

東2局3本場 和久津の3000・6000 ©ABEMA

東3局は勝又が1300・2600でトップ目に浮上。目まぐるしい展開となった。

東3局 勝又の1300・2600 ©ABEMA

東4局でも勝又が2000・4000をアガって更に加点に成功した。

東4局 勝又の2000・4000 ©ABEMA

南1局では和久津のリーチに追いかけた親の寿人が一発ツモの6000オールを決めて一気にトップ目に浮上した。

南1局 寿人の6000オール ©ABEMA

南2局2本場では松本のリーチに親の勝又がダブドラのを勝負して追いかけ立直。松本から4800のアガリを決めた。

南2局2本場 勝又の4800 ©ABEMA

その次局も勝又と松本の2軒リーチ。今度は松本が1300・2600のアガリとなった。

南2局3本場 松本の1300・2600 ©ABEMA

南3局は和久津が松本との競り合いを制して4000オールでトップ争いに加わった。

南3局 和久津の4000オール ©ABEMA

やや置いて行かれた松本だが、その後の1本場で2000・4000のアガリを決めてオーラスの親番を迎える。

南3局1本場 松本の2000・4000 ©ABEMA

するとオーラスで和久津から12000、2000オールと連続でアガリを決めてトップ目寿人まであと僅かと迫った。

南4局 松本の12000 ©ABEMA
南4局1本場 松本の2000オール ©ABEMA

しかしその後の2本場では寿人が仕掛けてアガリきって勝負に終止符を打った。

南4局2本場 寿人の300・500 ©ABEMA
第1試合トップの寿人 ©ABEMA

第1試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+56.1
2位 松本(ABEMAS)+10.4
3位 勝又(風林火山)▲15.4
4位 和久津(フェニックス)▲51.1

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は亜樹、近藤、藤崎、松本が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は近藤が4面張リーチをツモって2000・4000で一歩リード。(ツモ牌は

東1局 近藤の2000・4000 ©ABEMA

東2局の親番でもダブ仕掛けのチャンタで藤崎から7700のアガリでリードを広げた。

東2局 近藤の7700 ©ABEMA

その次局も近藤がリーチに出るも松本が赤3の仕掛けをツモって2000・4000で追撃。

東2局1本場 松本の2000・4000 ©ABEMA

しかし東4局1本場で近藤が松本から満貫のアガリでリードを広げて南入。

東4局1本場 近藤の8000 ©ABEMA

南2局は松本が藤崎との2軒リーチを制して3900のアガリ。

南2局 松本の3900 ©ABEMA

南3局は苦しい状況となった藤崎が一発ツモの4000オールを決めて2着争いは接戦の様相に。

南3局 藤崎の4000オール ©ABEMA

その後の2本場では亜樹がドラを仕掛けて聴牌。嵌張とシャンポン選択で裏目を引くも冷静にフリテンに受け変えて2000・4000のアガリを決めた。

南3局2本場 亜樹の2000・4000 ©ABEMA

最終局は松本が仕掛けて3着確保のアガリで決着。序盤にアガリをしっかり決めた近藤の逃げ切りとなった。

南4局 松本の3900 ©ABEMA
第2試合トップの近藤 ©ABEMA

第2試合結果
1位 近藤(フェニックス)+54.8
2位 亜樹(風林火山)+7.5
3位 松本(ABEMAS)▲19.4
4位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)▲42.9

第2試合詳細データ ©ABEMA

2月23日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(寿人1着・藤崎4着)+13.2
フェニックス(和久津4着・近藤1着)+3.7
風林火山(勝又3着・亜樹2着)▲7.9
ABEMAS(松本2着・松本3着)▲9.0

本日は1試合目と2試合目でそのまま着順が入れ替わり、ポイントはほぼ据え置きとなった。個人首位の寿人は更に勝利を重ねて個人ポイントは516.7ポイントと当初に掲げていた500ポイントに乗せた。

2月23日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月23日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top