麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
最強戦全日本プロ予選:優勝は福光聖雄プロ(プロ連盟)

最強戦全日本プロ予選:優勝は福光聖雄プロ(プロ連盟)

CABO求人麻雀BarWatch
9月19日、麻雀最強戦2011の全日本プロ代表決定戦が新宿の葵で開催された。 女流プロ代表や著名人代表など各予選で続々とファイナル(11月23日)への出場者が決定する中、この全日本プロ代表決定戦では、約60名のプロの中からたった1名を選出する厳しい戦いとなった。 全日本プロ代表決定戦のシステムは、全選手で4回戦を戦い、上位14名を選出。 これに、東海プロ予選を勝ち抜いた古橋崇志プロ(日本プロ麻雀連盟)、九州プロ予選を勝ち抜いた小車翔プロ(日本プロ麻雀連盟)が加わり、16名が4卓に分かれて準決勝を行う。 各卓でトップをとった選手が決勝に進出し、1位を取った選手がファイナル出場となる。 60名のプロの中からファイナルに進めるのはたった1人 新鋭プロ代表決定戦で敗れた滝沢プロも参戦 3回戦を終えたところで、日本プロ麻雀連盟の昨年の新人王、蛯原新吾プロが3連勝で1位。 日本プロ麻雀協会の山田千明プロが2位。 生放送ではこの2人の同卓した4回戦が放送された。 ほぼ準決勝進出を決めている2人に対し、大きなトップが必要な白鳥翔プロ(日本プロ麻雀連盟)と渋川難波プロ(日本プロ麻雀協会)は苦しい戦い。 結局山田プロがトップを取って総合2位、蛯原プロも総合3位で準決勝進出。 白鳥プロ、渋川プロは予選敗退となった。 解説は藤崎智プロと佐々木寿人プロ。実況は梶本琢程プロ 会場の中央で生放送用の卓が用意された 準決勝に進出した14名は以下の通り。 1.伊藤太(RMU) 2.山田千明(日本プロ麻雀協会) 3.蛯原新吾(日本プロ麻雀連盟) 4.須藤泰久(最高位戦日本プロ麻雀協会) 5.岸赳生(日本プロ麻雀協会) 6.福光聖雄(日本プロ麻雀連盟) 7.太田優介(日本プロ麻雀連盟) 8.山舗徹(日本プロ麻雀協会) 9.関島義基(日本プロ麻雀連盟) 10.吉田直(日本プロ麻雀連盟) 11.中林啓(日本プロ麻雀協会) 12.多井隆晴(RMU) 13.齋藤勝久(日本プロ麻雀協会) 14.藤崎和彦(日本プロ麻雀協会) これに古橋プロ、小車プロを加えた16名で準決勝が行われた。 準決勝で放送されたのは、齋藤プロ、岸プロ、多井プロ、小車プロの卓。 トップを取ったプロのみ決勝に進出できる。 多井プロが満貫のアガリでリードしたが、小車プロがアガリを重ねて逆転。 最後も自らアガって決勝進出を決めた。 決勝進出者 ・小車翔 ・山田千明 ・福光聖雄 ・山舗徹

次のページ→

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top