麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/5 Mリーグ2021 2戦目結果】抜きつ抜かれつの大接戦!最後の競り合いを制して雷電・黒沢がチーム連勝を決める!

【10/5 Mリーグ2021 2戦目結果】抜きつ抜かれつの大接戦!最後の競り合いを制して雷電・黒沢がチーム連勝を決める!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」2日目が10月5日(火)に開催された。

10月5日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋、渋川 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

【10/5 Mリーグ2021 1戦目結果】萩原逆転トップで雷電がスタートダッシュを決める!

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は寿人、瑞原、魚谷、黒沢の対戦。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東3局は親の魚谷と黒沢の2軒リーチ。どちらも大物手の勝負局となったが黒沢が魚谷から12000のアガリを決めてリードを得る。

東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東3局 黒沢の12000 ©ABEMA

東4局には引き続き黒沢が先制リーチ。これをアガれば独走かといったところだったが親の瑞原が連続で危険杯をプッシュして追いかけリーチ。黒沢から5800のアガリを決めて独走を許さない。

東4局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局 瑞原の5800 ©ABEMA

東4局1本場は更に瑞原が連荘を狙ったが、魚谷がそれを許さず2600のアガリ。僅差の戦いで南入となった。

東4局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 魚谷の2600 ©ABEMA

南1局は魚谷が早いリーチで瑞原から8000。瑞原はここで苦しい4着落ちとなった。

南1局 魚谷の8000 ©ABEMA

南2局は競り合いとなるも仕掛けた瑞原が1000・2000のアガリ。寿人は当たり牌で捕まる展開となったが、堅実な守備で失点を防ぐ展開が続く。

南2局 瑞原の1000・2000 ©ABEMA

南3局は黒沢が平和の1000点で微差ながらもトップ目でオーラスを迎えた。

南4局は寿人が赤赤のリーチ。ツモればトップで山に3枚いたがアガれず。仕掛けた親の瑞原が終盤に寿人から1500のアガリでゲームは続いた。

南4局 寿人の手牌 ©ABEMA
南4局 瑞原の1500 ©ABEMA

南4局1本場は黒沢に早い三色聴牌が入るも[1]単騎のアガリを捉えられず、瑞原が更に連荘を決めた。

南4局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 瑞原の2000 ©ABEMA

その後の2本場。魚谷がタンヤオ、平和のアガればトップの3面張リーチ。

南4局2本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

しかし黒沢が仕掛けて追いつき、アガリきってチーム連勝を決めた。

南4局2本場 黒沢の300・500 ©ABEMA
第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+50.4
2位 瑞原(Pirates)+8.5
3位 魚谷(フェニックス)▲16.1
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲42.8

第2試合点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

10月5日トータル結果

雷電(萩原1位・黒沢1位)+109.0
Pirates(小林3位・瑞原2位)▲2.5
麻雀格闘倶楽部(滝沢2位・寿人4位)▲29.4
フェニックス(茅森4位・魚谷3位)▲77.1

雷電がチーム連勝で一歩抜け出した首位スタートとなった。去年大きく苦しんだ萩原が初戦でトップを獲得したのはとても大きいだろう。

10月5日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月7日の対局チーム ©ABEMA
10月5日終了時点の個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top