麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/5 Mリーグ2021 1戦目結果】萩原逆転トップで雷電がスタートダッシュを決める!

【10/5 Mリーグ2021 1戦目結果】萩原逆転トップで雷電がスタートダッシュを決める!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」2日目が10月5日(火)に開催された。

10月5日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋、渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は滝沢、小林、茅森、萩原の対戦。昨シーズンファイナルに進出できなかった4チームの戦いとなった。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

 

東1局は[白]が暗刻になった茅森が一番手かと思われたが、親の小林が高目三色の18000点を茅森から和了。好スタートを切った。

東1局 小林の18000 ©ABEMA

東1局1本場は小林の索子仕掛けに注目が集まるが、滝沢がリーチ。これをツモって1100-2100の加点。局を進めた。

東1局1本場 小林の仕掛け ©ABEMA
東1局1本場 滝沢の1000-2000 ©ABEMA

東2局は18000点を放銃した茅森にチャンス手。ドラのダブ東が対子でこれをポンできると、18000点の一向聴。しかし、萩原がピンフのみ1000点をテンパイしすぐに滝沢が放銃。茅森のチャンス手がつぶされた。

東2局 茅森の手牌 ©ABEMA
東2局 萩原の1000 ©ABEMA

東3局はトップ目の小林がドラ1カン[6]でリーチ。これを一発でツモって2000-4000。勝利に近づいていく。

しかし、東4局で萩原が北・ホンイツ赤1の8000点をトップ目の小林から和了。南入した。

東4局 萩原の8000 ©ABEMA

南1局では茅森がカン[⑤]で5巡目にリーチ。安牌に窮しながらも手を進めた小林が周りきってテンパイ、このゲーム初の流局に。

南1局1本場、萩原が1000-2000をツモアガリ。小林との点差を縮めた。

南2局、3300点持ちの茅森の親番。どうしても加点したいこの局で2巡目リーチをするも滝沢、小林が追いつきリーチ。万事休すかと思われたが茅森がツモって2000オール。望みをつないだ。

南2局滝沢のリーチ ©ABEMA
南2局小林のリーチ ©ABEMA
南2局 茅森の2000オール ©ABEMA

南2局1本場、茅森がドラ3の12000点のテンパイも、滝沢が門前でホンイツを仕上げ、3000-6000ツモ。トップの行方が分からなくなった。

南2局一本場茅森の手牌 ©ABEMA
南2局一本場滝沢の 3000-6000 ©ABEMA

南3局は萩原がリーチをして流局、1本場で2900は3100をアガり、トップ目に。

トップまであともう少しの萩原だが、南3局2本場で滝沢が先制リーチ。これをツモって滝沢がトップ目に立つ。

オーラスは3着目の萩原がドラを暗刻にしてリーチ。これを実らせ、見事に逆転トップを勝ち取った。

オーラス 萩原の2000-4000 ©ABEMA

昨シーズンは初トップが遠かった萩原だが、幸先の良いスタートとなった。

第1試合トップの萩原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 萩原(雷電)+58.6
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+13.4
3位 小林(Pirates)▲11.0
4位 茅森(フェニックス)▲61.0

今季から追加された点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

【10/5 Mリーグ2021 2戦目結果】抜きつ抜かれつの大接戦!最後の競り合いを制して雷電・黒沢がチーム連勝を決める!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top