麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
中部地方初代王者が決定/雀サクッCUPin中部

中部地方初代王者が決定/雀サクッCUPin中部

CABO求人ニルウッドカバー

 4月17日(日)、「雀サクッ」主催・中日新聞後援による、新タイトル戦「雀サクッCUPin中部」の最終決戦が行われた。

 優勝者は、名古屋の「フリー雀荘ひまわり」代表、西一壽さん。同じく名古屋の「麻雀ギルド」代表、高橋さんとの息詰まる激戦を制して、初代王者に輝いた。

 協賛のフリー雀荘6店舗から各店舗予選を経て12名の代表者が勝ち上がり、この日優勝者を決める全5半荘(予選3卓・ワイルドカード・決勝)が、ニコ生・AbemaTVFRESH!を通じて生中継された。

 全体として打牌スピードが速く、フリーの代表大会らしい対局に。しかし20万円という優勝賞金があるなかでも終始和やかムードのなかで進行され、選手の皆さんは一体感をもって参加されていた。

 熱い戦いに放送も盛り上がり、ニコ生の視聴者数は2,000を超え、AbemaTVFRESH!の視聴数は70,000超えを記録。2回目の開催を大いに期待させた。

解説席(実況最高位戦高田将広プロ解説初代天鳳位ASAPINアシスタント雀荘ひまわり後藤由佳さん)-min
解説室の様子

出場者(敬称略):
GUILD代表=高橋・タツ
PLAYBALL代表=新田・かずま
麻雀クランキー代表=大澤憲司・稲垣翔紀
ほあろん代表=渡辺・バッチ
ひまわり代表=池亀民紘・西一壽

予選A組(起家から、池亀・稲垣・かずま・渡辺)

 予選A組は東1局、西家・かずまさんのドラ嵌張先制リーチを起家・池亀さんが待ちで追っ掛け、一発で打ち取ってリーチ一発赤ドラで12000点のアガリ、開局早々激しい展開に。

 東1局でビハインドを背負ったかずまさんだが、南3局で4巡目チーテンのホンイツ一通。これに池亀さんがで飛び込んで12000点放銃。トップ目だけに対面の仕掛けに危険牌を先打ちしようしたが、想定外に早い手に捕まって再び混戦となった。

 オーラスは稲垣・池亀・かずまの3氏が2400点差にひしめく状況から、一人離されたラス親・渡辺さんが5800をひとアガリ。これで全員が満ツモ条件以内という並びに。

 アガればトップ終了の手で押して親に放銃した池亀さんが1本場で再度メンピン赤高めドラという条件を満たしてリーチと諦めずに攻め続けたが、最後はかずまさんのポンテン3900のカンをつかんで放銃。

最終的には、なんと開局で12000を打ったかずまさんがトップ・アガった池亀さんがラスという着順になった。

予選A組結果
1位:かずま32100
2位:稲垣30300
3位:渡辺19200
4位:池亀18400

予選B組(起家から、山本・高橋・大澤・新田)

 予選B組は東1局、親・山本さんのリーチ赤1・2000オールからスタート。1本場で大澤さんとのリーチ合戦(共にメンピン赤1)を制してツモった高橋さんが裏も乗せて逆転。そして東2局でタンヤオドラ3赤1をツモった大澤さんが更に逆転と、打撃戦の展開に。

 東3局は、出遅れた新田さんがドラ暗刻でを2枚切って待ちというテクニックを見せて盤石のリーチで巻き返しを狙うも、4枚目のドラをカンしたところ嶺上から高橋さんへの放銃牌・を発掘してしまう。

 高橋さんは萬子を1面子落として筒子のホンイツトイトイ東中赤という、大胆な大物手狙いがハマって一躍トップ目に。南1局2本場では、山本さん・高橋さんの2軒リーチに対して、黙聴で押した大澤さんがかいくぐって5200のロンアガリ。

 放銃した新田さんは、回し打って振聴の聴牌を入れつつ、2軒リーチに対する現物での放銃という不幸な振り込み。オーラス親の新田さんも意地のメンホンドラドラ18000確定リーチを打ったが、裏1条件の山本さんに放銃して(裏乗らずだがワイルドカード進出濃厚)終了となった。

予選B組結果
1位:大澤43400
2位:高橋31400
3位:山本29000
4位:新田▲3800

予選C組(起家から、長谷川・バッチ・タツ・西)

予選C組は西さんの独壇場。28000持ち東4局親番で

 ドラ

のリーチを放ち、満貫テンパイしていた長谷川さんよりで18000点を出アガリ。勝負を優勢に。

 その後もコンスタントに和了を重ね、60000点のトップ。ワイルドカード進出がかかる2着にはバッチさんが南2局で4000オールをツモアガリ。タツさんとのデットヒートを制しプレーオフに駒を進めた。

予選C組結果
1位:西58300
2位:バッチ32800
3位:タツ25200
4位:長谷川▲16300

ワイルドカード(起家から、稲垣・山本・高橋・バッチ)

 ワイルドカードはフリー雀士らしい殴り合いになった。リーチがかかるとそれに折れず追っかけリーチの連続。全員参加の激しい展開になる。

 決め手となったのは、南2局、親番の高橋さんによる2600オールツモと5800の出和了り。これで40000点を超えた高橋さんが、残りを守りきり決勝進出を決めた。

ワイルドカード結果
1位:高橋37200
2位:山本28300
3位:稲垣25900
4位:バッチ8600

決勝(起家から、かずま・大澤・高橋・西)

 決勝戦はプレーオフからの進出の高橋さんが終始有利に展開を進める。

 36100持ちの南2局。親番大澤さんの中暗槓が入り場が煮詰まりかけた状況で、

 ドラ

からを持ってきてを切り迂回。

その後かずまさんからリーチが入る。同巡高橋さんのツモ牌は

 ドラ

 を切って4面張で追っかけリーチ。結果かずまさんがを一発でつかみ、リーチタンヤオドラ7の16000を出アガリ。勝負あり、かと思えた。

 しかし、南3局に西さんが満貫をツモり、高橋50100・西34300・大澤10300・かずま5300の並びでオーラスへ。

 オーラス親の西さんのまくり条件は4000オールツモか9600以上直撃。かずまさん大澤さんの条件が役満になってしまったので実質的に一騎打ちとなった。

 そのオーラス、高橋さんが早々と2向聴。その間に親番の西さんがドラのを重ね、高橋さんが切っを仕掛けて条件を満たす。

 その後高橋さんと西さんがお互い優勝への1向聴となるが、先にテンパイを入れたのは西さん、待ちはを切っている中スジのカン。高橋さんはなかなかテンパイが入らず、を持っているところにを持ってくるがツモ切りし、万事休す。優勝はひまわり代表の西さんとなった。

決勝結果
1位:西46300
2位:高橋38100
3位:大澤10300
4位:かずま5300

西さん優勝を決めた瞬間-min
優勝した西さん

 

優勝の西さん-min
賞金200,000円と賞状が手渡された

記事提供:雀サクッ事務局

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top