麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
吉田葵は間違えない~千里眼の復活劇~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2018 第1節予選Aブロック2卓】

吉田葵は間違えない~千里眼の復活劇~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2018 第1節予選Aブロック2卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

吉田葵は、苦悩していた。

1戦目3着、2戦目ラス。ここまで満貫以上のアガリはゼロ。いくらリーチをかけても、ひたすら山に嫌われる。3半荘目の東3局で、一人沈みという状況だ。

最低でも2着以内に食い込み、少しでも負債を返済したい。

そんな気持ちとは裏腹に、まだ我慢をしなければならないのか――。

最高位戦日本プロ麻雀協会所属、「千里眼エゴイスト」吉田葵。シンデレラリーグへの出場は、昨年に引き続き2回目だ。当時、大舞台の経験はなかったが、20名中5位という好成績を残した。

数々の名場面を生み出した昨年のシンデレラリーグだが、その中でも特に鮮烈に覚えているアガリがある。第3節2回戦・東4局1本場、吉田はドラドラのチートイツをテンパイする。

1枚も見えていない単騎か、ドラ表示牌で1枚だけ見えている単騎か。小考した後、吉田が選んだのは――。

単騎だった。ドラドラの絶対にアガりたいチートイツ、反射的に「字牌の方がアガりやすい!」と単騎を選択する打ち手も多いのではないだろうか。だが、吉田の選択は違った。自分からは全て見えていて、2者が変則模様の河をしている。自分は4巡目にを切っており、を手出ししてが手出しの宣言牌だ。他家からカン待ちをケアされる可能性もほぼなく、吉田がチートイツだと読んだとしても盲点となる待ちだ。自らの場況読みと心中する。そんな「千里眼エゴイスト」の姿勢が、この一局だけでも十分すぎるほどに伝わってきた。

選択の成否は、たった1巡でわかった。リーチ・一発・ツモ・チートイツ・ドラ2の3100-6100。一発ツモは結果論だが、山に3枚生きているを選んだのは、紛れもない彼女の実力だ。

紙一重で決勝進出を逃すこととなった吉田だが、この活躍をきっかけにさらなる注目を浴びることになりそうだ。そんな確信があった。だが、それは叶わなかった。

2017年に行われた第17期女流Bリーグ第3節以降を、吉田は休場した。当時、吉田は原因不明の高熱に悩まされる日々が続いたという。病名は伏せるが、プロ活動は休止せざるを得なかった。入院生活と療養期間を合わせて、およそ半年も麻雀から離れる生活が続いた。半年ぶりに地元・富山の麻雀店に出勤した際には、明確に衰えを実感した。プロ生活を続けるべきか、否か。そんな迷いもよぎったと当時の心境を明かしてくれた。

「休止中は大好きな麻雀ができなくて、つらかったですね。プロ活動自体、このまま続けるのかにも迷いがありました。富山から東京に通うのって、やっぱりけっこう大変なので。でも久しぶりに麻雀をした時に『やっぱり辞められないな』と思い、現在に至ります」

麻雀が好きだから。そんな熱意を持って臨む2度目のシンデレラリーグ。吉田にとって去年のリベンジ戦であると同時に、プロとしての復帰戦でもあった。だが前述の通り、1回戦、2回戦の結果は振るわなかった。

「ブランクは感じました。でも、感覚が戻ってきているなという実感もありました」

人読み、空気読み、小考からの推測など、吉田は対人戦における観察にも重きを置いているという。新鋭雀士の中で、そこまで公言する打ち手は珍しい。そして、取り戻しつつある感覚に裏打ちされるように、戦況は少しずつ変わり始めていった。

東2局1本場、5巡目にイッツー・イーペーコー・赤1のテンパイを果たす。ようやく満貫手での先制テンパイ。当然のようにヤミテンに構える。

数巡の後、柚花からが打ち出される。

「「ロン!」」

発声したのは一人ではなかった。

涼宮の頭ハネ。發のみ、1000は1300の横移動で、ようやく訪れたチャンスは泡と消えた。

吉田の口惜しそうな表情が印象深い。そして次局、冒頭のシーンが訪れる。

この時の他家の動向は、下記の通り。

北家:柚花  ポン

東家:涼宮 

南家:高橋  チー ポン ポン

柚花が高め大三元のテンパイ、涼宮がタンヤオ・赤2のテンパイ、高橋が小四喜の1シャンテン。吉田の手牌で浮いているは、いずれも当たり牌、もしくはテンパイ牌というあまりに悲しすぎる状況だ。いつまで吉田は我慢を続ければいいのだろうか……。そんな僕の思いを気にするそぶりもなく、吉田は淡々と安全牌の処理に努めた。

「手が悪い時に、どう闘おうかということだけを考えていました。ヤケにならんとこうと。麻雀プロである以上、『ツイていない』という言葉だけでは済ませたくないので」

どんな展開が待ち受けていようと、自分が信じた正着打だけを選び続ける。麻雀が打てなかった頃から比べれば、こんな苦難だって耐えられる。彼女の打ち筋からそんな言葉が聞こえてきそうに思えたのは、僕の考えすぎだろうか。

迎えた南1局2本場、ついに吉田の反撃が始まった。

次ページ:吉田の反撃が始まる!!

 

新着記事

Return Top