麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
新井等(スリアロ九号機)
麻雀スリアロチャンネルの中の人。
ナンバリングは九号機。
スリアロでのポジションをラーメンに例えると、味玉くらい。
お酒があれば、だいたい機嫌が良い人です。
新井等(スリアロ九号機)の記事一覧
全部勝つ! 女流雀王・逢川恵夢が課した一大ミッション【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Bブロック2卓】

全部勝つ! 女流雀王・逢川恵夢が課した一大ミッション【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Bブロック2...

日本プロ麻雀協会の女流プロは、恐ろしくレベルが高い。近年、そんな評判をトッププロからも頻繁に聞くようになった。 実際、この「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ」全24名の出場選手のうち、14名が協会所属だ。 もちろん、どの団体にも王女候補にふさわしい実力者がひしめいているのだが、とりわけ協会は層が厚い印象がある。 その日本...
奇跡は二度、起こる――。求道する女教皇・大澤ふみな【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Bブロック1卓】

奇跡は二度、起こる――。求道する女教皇・大澤ふみな【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Bブロック1卓...

「麻雀道」というものがあるならば、彼女は間違いなくそれを歩み続けている求道者だと思う。 最高位戦日本プロ麻雀協会所属、「殉教のヨハンナ」大澤ふみな。尋常ならざる視野の広さと、それを生かした堅固な守備力を誇る打ち手だ。彼女が自身の読みと思考に殉じたかのような鋭いアガリで、難局を打破したシーンは数え上げればキリがない。その...
松嶋桃と上田唯。それぞれが励んだ「花嫁修業」【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Aブロック2卓】

松嶋桃と上田唯。それぞれが励んだ「花嫁修業」【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Aブロック2卓】

麻雀ファンになって日が浅い方からしてみたら、それは新鮮に映ったかもしれない。「京大式小型肉食獣」松嶋桃が、麻雀プロとして卓に座る姿を見るのは――。 近年の松嶋は、麻雀対局番組の実況者として活動する機会が飛躍的に増えた。AbemaTVでは「RTDリーグ」や「Mリーグ」、麻雀スリアロチャンネルでも「麻雀の鉄人シリーズ」の実...
未完の大器、瑞原明奈が成熟する時【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Aブロック1卓】

未完の大器、瑞原明奈が成熟する時【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Aブロック1卓】

新鋭女流雀士たちが争奪戦を繰り広げたのがガラスの靴なのであれば、トップ女流雀士たちが誇りをかけて挑む戦いにふさわしいのは、王女のティアラに違いない――。 平成の世が終わりを告げようという4月26日、第2回目となる「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ」が開幕した。シンデレラリーグの興奮冷めやらぬなか、今回スポットを浴びたのは...
現れたリアルシンデレラ。山本ひかるの魔法は解けない――【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 決勝】

現れたリアルシンデレラ。山本ひかるの魔法は解けない――【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 決勝】

  ガラスの靴を履くのは、誰なのか――。 そんな合言葉とともに約半年にわたって行われてきた「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」。24名の新鋭女流雀士たちは次々と夢破れ、最後の舞踏会には4名が並び立った。 出場選手の中で最多のキャリアを誇り、その経験に裏打ちされた雀力の高さを惜しみなく発揮してきた涼宮。大舞台の経...
いつか、花開くために――。麻雀プロ・里中花奈の志【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 準決勝B卓】

いつか、花開くために――。麻雀プロ・里中花奈の志【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 準決勝B卓】

東1局から、試合は大きく動く。親の里中は、この牌姿から打とする。自身の目からが4枚見えており、周りにくっついた時のターツが非常に強くなりそうだ。が3枚見えのため、安全度の高いを手元に残している柔軟な一打だ。 が、先制リーチは涼宮。メンタンピンのチャンス手だ。 これに山本も追いつく。リーチ・タンヤオ・高めイーペーコーの待...
清く正しく美しく――。戦乙女・塚田美紀が涙を流す日【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 準決勝A卓】

清く正しく美しく――。戦乙女・塚田美紀が涙を流す日【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 準決勝A卓】

最高位戦日本プロ麻雀協会所属、「不敵なヴァルキリー」塚田美紀。快活なキャラクターもあって多くのファンに親しまれている彼女は、この「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」に登場するたびに「黒いデジタルの寵愛を受ける」という僕発案のふざけた選手紹介に毎回付き合ってくれる。なんともできた人だ。さすがのヴァルキリーである。まったくも...
川又静香と涼宮麻由の陰と陽【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ プレーオフ2nd】

川又静香と涼宮麻由の陰と陽【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ プレーオフ2nd】

陰と陽。川又静香と涼宮麻由を見ていると、ついついそんな言葉が浮かんでしまう。 「超平和(ぴんふ)主義者」川又は、そのキャッチフレーズ通りに門前ベースの守備寄りの雀風だ。人柄も穏やかで、争いごとを好まない。カスミ草のようにひっそりと咲きながら、気づくとつい目を奪われてしまう。「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」でもリスキー...
心のストレッチはいつでも万端! 鶴海ひかるのラストスイム【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ プレーオフ1st】

心のストレッチはいつでも万端! 鶴海ひかるのラストスイム【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ プレーオフ1st】

最高位戦日本プロ麻雀協会所属、「4センチメートル自由形」こと鶴海ひかる。麻雀がメンタルゲームだと言うのなら、彼女のそれは間違いなく一線級だ。 8名中6位という追い詰められたポジションで予選最終節を迎えた鶴海は、番組冒頭で「去年のシンデレラリーグの時は最終節で▲200ポイントくらいだったんですけど、その時に比べれば気持ち...
中月裕子はまだ、道半ば――【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Cブロック2卓】

中月裕子はまだ、道半ば――【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Cブロック2卓】

戦前、24名いるシンデレラ候補のうち、誰を優勝候補に挙げるかと問われれば、僕は真っ先に中月裕子と答えたと思う。それだけの実力・実績を備えた選手だった。 第7回μレディースオープン優勝を皮切りに、日本プロ麻雀協会の第16期新人王、第19期女流名人位、夕刊フジ杯2018麻雀女王団体戦優勝など、わずか5年のプロキャリアで数々...
Return Top