麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
「愛人」から「正妻」へ――。夏目智依、変化の時【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Bブロック1卓】

「愛人」から「正妻」へ――。夏目智依、変化の時【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Bブロック1卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

夏目智依は、プロデビューを飾った直後から「麻雀スリアロチャンネル」で頻繁にメディア露出を経験していた。どこかアンニュイな雰囲気も相まってたちまち人気を博し、打ち手としてだけでなく実況としても活躍していた。そんな彼女から、2年ほど前に連絡をもらったことがある。

「メディア露出を控えたいと思っているんです」

理由は2つ。所属するRMUの公式対局に専念することと、勤務先の麻雀店で本腰を入れて働こうと決意したからだった。

「メディアに出ていた時は『応援しています』みたいなことを言ってくださる方も、チラホラいたんです。露出しなくなると離れていく人はいましたけど、そういう中でも応援してくれる人がいるんですよね。お店に来てくれる人もいて、ツイッターにコメントをくれる人もいる。昔より、ファンの方に対するありがたみは増しました」

決断の甲斐もあって、麻雀店での業務は順風満帆だという。だが、そんな夏目にも心残りがあった。

「たまに1回目のシンデレラリーグが再放送されているんですよ。で、それを見た人から『出ていたんだ』とか『負けてたねー』みたいな感想を、いただくことがありまして(笑)。だから、今度は『勝ってたねー』って言われるようになりたいんです」

2017年に開催された第1回の「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」。予選16半荘で夏目がトップを飾ったのは、わずか1回のみ。20名中19位という結果で、無念の脱落となった。あれから1年半、雪辱に燃える思いを秘めて挑む2度目のシンデレラリーグを前に、夏目からこんなリクエストをもらった。

「同じ山形出身の橋本マナミさんっぽいキャッチフレーズをつけてくれませんか?」

「国民の愛人」こと女優・橋本マナミになぞらえて、夏目に「雀神の愛人」というキャッチフレーズをつけて要望に応えてみた。門前守備型で、大勝ちはしないけれど大崩れもしない。そんな雀風にマッチしたこともあって、本人はいたくこれを気に入ってくれた。

迎えた第1節、夏目は2着2回、3着1回、ラス1回という成績にまとめた。たしかに大崩れはしていない。だが、シンデレラリーグは順位ウマ10-20に加えて、オカもある。トップが非常に偉いシステムであり、第1節終了時点ではブロック順位6位となる▲48.6pという結果だった。準決勝に進むためには、最低でもプレーオフ出場の可能性がある5位以内に食いこまねばならない。主役を際立たせるカスミソウのような「愛人キャラ」も、この第2節では返上することになるかもしれない。そんな予感を抱いていた。

同卓者はブロック8位の木村(▲89.1p)、5位の中山(▲23.8p)、3位の松田(+22.3p)。上位陣との直接対決はなかったが、予選最終節である次節のために、少しでも負債を返上したいところだ。

1回戦、それは南場の夏目の親で起きた。

・赤1、2900は3200を松田からアガり、供託2本もゲット。

続く2本場ではリーチ・ピンフ、松田を高めのドラで打ち取った。

3本場ではのみ、1500は2400をトップ目の中山から直撃。点差を4800点縮めると――

4本場ではピンフ・ドラ2のテンパイ。この勝負手を

ヤミテンに構えた。一見するとソーズの場況が良く、5800から12000点へと打点が跳ね上がるピンフ・ドラ2ならば、アガリ連荘といえどリーチを選択する打ち手も多いと思う。だが、夏目はそれらを全て踏まえた上で、ヤミテンの選択を下した。

「あれが2本場とかだったら、リーチをしました。でも4本場で7000となると、7700とほぼ変わらない価値がある。アガればトップ目に立てるし、百合子からの直撃も十分に期待できる。だからダマりました」

結果は松田からがこぼれ――

5800は7000の出アガリ。

さらに5本場では、わずか5巡でチートイツ・赤1のテンパイ。場に1枚切れている単騎でリーチをかけるかと思いきや――

ここでもヤミテンを選択。

このを松田がすぐにつかみ

4800は6300を加点。にしてもにしても、リーチをかけていたら松田が字牌のトイツ落としをして、流局になっていたかもしれない。自らを「愛人キャラ」と自嘲気味に語る、夏目らしい一打だと感じた。

1回戦は親番での判断が功を奏し、夏目がトップ。うれしい今大会初トップを早くも手にした。続く2回戦も、夏目は自分のペースを崩さない。

リーチ・ピンフ・赤1の先制リーチをかけると

1シャンテンの木村からがこぼれた。裏ドラは乗らなかったが5800の出アガリ。

松田の1400-2700のアガリを挟んで迎えた東2局では赤1のリーチ。のシャンポン待ちで――

追いかけリーチをした松田から高めのをとらえた。

裏ドラは乗らなかったが、5200のアガリでトップ目に立った。

さらに全員が2万点台で迎えた南2局3本場。供託が4本あり、アガリの価値が非常に高い局面だ。カンをチーしてタンヤオコースへ。

カンを処理している間にがトイツになり、打とする。

さらにをポンして、タンヤオ・赤1ののシャンポン待ちテンパイを取る。

これに飛び込んだのが松田。

2000は2900に供託4本をプラス、しめて6900点の大きな収入を得た。

このリードを守り、夏目は1回戦に続いて2回戦でもトップに。連勝という最高の結果を見せた。

この2半荘を通じて、夏目は決して派手なアガリを決めてはいない。リーチをしても裏ドラが乗らず、なんならこの日はついぞ裏ドラに恵まれることはなかった。冒頭で愛人キャラ返上なるかなどと謳ったが、夏目は焦るわけでもなく、いつものスタイルで快勝をさらっていった。

そんな夏目に変化の兆しが見えたのは、3回戦のことだった。

>>次ページ 夏目の変化とは

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top