麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
手塚紗掬が初優勝!/第3回姫ロン杯チャンピオンシップ

手塚紗掬が初優勝!/第3回姫ロン杯チャンピオンシップ

CABO求人MEWS

<第3回姫ロン杯チャンピオンシップ>◇決勝戦◇5月12日◇レステックスタジオ


 総勢52名の女流雀士が参加する、一大麻雀ツアートーナメント大会「第3回姫ロン杯」。「麻雀リオダイヤモンドカップ」「麻雀カボオーロラカップ」「麻雀ブルエンプレストーナメン­­ト」「麻雀さんクイーンカップ」の4つの大会を勝ち抜いてきた女流雀士による決勝戦(2回戦)が12日に行われた。

【決勝戦出場者】
手塚紗掬(リオダイヤモンドカップ準優勝)
田中智紗都(カボオーロラカップ準優勝)
上野あいみ(ブルエンプレストーナメント準優勝)
黒沢咲(さんクイーンカップ優勝)

championship3_t_R

 1回戦トップを取ったのは黒沢。南3局の親で田中から12000点をアガリ、46900点のトップで他3名に対して大きなリードを取った。

 二連覇を目指す田中は、2回戦の東1局の親で12000点をツモり、黒沢に迫る。さらに連荘を続けたい田中に対し、手塚が「リーチ・一発・ツモ・一気通貫」の8000点をツモって田中の勢いを止めると、東3局には、田中と上野とのリーチ勝負に競り勝ち、東4局の親で黒沢から12000点を直撃してトップ目に立った。しかし同1本場、終始攻め続ける田中が手塚から「リーチ・ピンフ・三色」を直撃。田中がトップに立って南場に入る。田中と手塚の激しいトップ争いは、オーラスを迎えてわずか400点差で手塚がリード。田中は得意の七対子を狙うが最後は全員ノーテンという幕切れで、手塚が辛くも逃げ切った。

tanaka
オーラス、テンパイ出来ずに悔しがる田中

 

  

姫ロン杯チャンピオンシップ決勝戦
順位選手名1回戦2回戦総合
1 手塚紗掬 14.0 47.8 61.8
2 田中智紗都 15.1 46.3 61.4
3 黒沢咲 46.9 ▲1.1 45.8
4 上野あいみ 24.0  7.0 31.0

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top