麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
豪快な一手を狙うセレブ雀士 黒沢咲の強さ、雀風に迫る

豪快な一手を狙うセレブ雀士 黒沢咲の強さ、雀風に迫る

BULL2021求人ニルウッドカバー

気品あふれる所作や雰囲気から、付いた異名は「強気のヴィーナス」、才色兼備で人気を集める黒沢咲。2019年には結婚、出産を経て、現在は育児と麻雀の両立しているママ雀士でもある。このページでは黒沢の打ち方や雀風、麻雀プロになったきっかけ、そしてそのプライベートに迫ろう。

目次

黒沢咲の基本情報・プロフィールデータ

名前 黒沢 咲(くろさわ さき) 
異名 強気のヴィーナス
生年月日 10月6日(年齢非公開)
出身地 北海道生まれ、東京都育ち
血液型 A型
趣味・特技 料理、ゴルフ、旅行、お酒
本人公式SNS Twitter
Instagram
YouTube
所属団体 日本プロ麻雀連盟
所属チーム TEAM RAIDEN / 雷電
プロ入会年 2005年
主なタイトル 第6・7期プロクイーン
第3・9・12回麻雀さんクイーンカップ

趣味が料理という黒沢。過去には和食と中華の料理教室に2年間通っていただけあり、手料理の腕前はプロ級である。「熱闘!Mリーグ」にて自宅でのホームパーティーが放映された際には、かしわ飯やアクアパッツァ、牡蠣のウニ乗せ、イサキの炙りなどさまざまな料理を作り上げていた。

経歴

2005年:日本プロ麻雀連盟21期生としてプロ入り
2008年:第6期プロクイーン
2009年:第7期プロクイーン
2018年:Mリーグドラフト会議でTEAM RAIDEN/雷電にて3位指名
2019年:連盟A1リーグに昇格

麻雀との出会い・きっかけ

黒沢が麻雀に出会ったのは大学生のときだったが、幼少期から家族で「ドンジャラ」を楽しんでいた。幼い頃から負けず嫌いな性格だった黒沢は、祖父母や妹と一緒にドンジャラを行っていた時も、「絶対負けない、勝つまでやる」という意気込みだったという。そんな黒沢が麻雀牌に触れたのは大学の頃。当時、同級生が麻雀をしているところを見て「ドンジャラみたいで面白そう」と思い、その魅力にハマっていく。大学卒業後は人事コンサルティングの会社へ就職するも、仕事が終われば麻雀という毎日を送る。行きつけだった麻雀店には二階堂亜樹の父親が勤めていた。二階堂姉妹の父から「瑠美ちゃんと亜樹ちゃんがプロになればいいのにって言ってたよ」と声をかけられる。それからというもの黒沢は麻雀プロを意識し始め、2005年には日本プロ麻雀連盟へとプロ入り。2008年にはプロクイーンを獲得、続く2009年でも連覇を成し遂げ、会社を退職しプロ一本として活動することを決心するのであった。

「捨てる勇気」が生み出した“黒沢咲”というキャラクター Mリーガー列伝(21)

黒沢咲の打ち方や雀風

©ABEMA

黒沢は、より高めの手を狙いにいく豪快な麻雀が特徴だ。スピードよりも打点重視、幼少期に遊んでいたドンジャラが影響してか、刻子手を好む。黒沢の副露率は極端に低く、黒沢が鳴きを入れたときは、打点が高い場合が多いため、卓に緊張が走る。

黒沢咲の対局時の様子

麻雀最強戦2020 タイトルホルダーvsMリーガー最強の女流決戦 2020/9.6

©竹書房

B卓に入った黒沢は、和久津晶(連盟)とのめくり合いを制して、高宮まり(連盟・格闘倶楽部)とともに決勝へ進んだ。A卓からは西嶋千春(最高位戦)と古谷知美(連盟)が勝ち上がってきた決勝では、落ち着いた展開で場が進む。そして東4局1本場、6400をアガった高宮が先行して南場に入る。

南2局で黒沢が2軒リーチを制して、トップ目に立つ。南3局は流れて、優勝の行方はオーラス次第となった。3着目ながらも満貫出アガリで逆転可能だった古谷プロが、一盃口ドラ2でリーチしたものの流局に終わり、黒沢が辛くも逃げ切った。

黒沢咲が華々しい対決を制してファイナルに進出!/麻雀最強戦2020 タイトルホルダーvsMリーガー最強の女流決戦

麻雀最強戦2017女流プレミアトーナメント 女達の死闘 予選B卓

©ABEMA

南3局1本場、黒沢はメンツが1つもできていない配牌で、自風の[西]がトイツになり、[西]ポンで早めにアガリに向かうのかと思われた。しかし、ポンはせず、他家のリーチに備えながら、黒沢自身も、あがりを目指しに行くスタイルで対局を進めていく。最終的に黒沢がタンヤオをつけた5200点をアガることになった。打点をつくりながら、手牌の可能性を広げた黒沢の強さを証明した印象的な対局となった。

【5/6(土)15:00】麻雀最強戦2017女流プレミアトーナメント 女達の死闘

麻雀最強戦2017女流プレミアトーナメント 女達の死闘 決勝

©ABEMA

南4局オーラス、36900点で黒沢がトップで手を進め、黒沢が3面待ちの聴牌を、ヤミテンに構える。そこで、2位の和泉由希子(連盟)が聴牌し、高め三色の先制のリーチをかけ、逆転を狙いにいく。これに対し黒沢もリーチで勝負をしかけ、一騎打ちの対決に。最終的に和泉が一発で放銃し、黒沢が麻雀最強線2017で優勝を飾る。優勝戦にふさわしい対局となった。

【5/6(土)15:00】麻雀最強戦2017女流プレミアトーナメント 女達の死闘

SNSでの評価・評判

黒沢の麻雀は後付けを見たことがないなど、麻雀に対する姿勢を評価しているツイートや、料理の写真に対して食べたいなど、料理の腕前を評価しているツイートも多い。

ファンからの好きなMリーガー1位に、黒沢プロが選ばれていた。黒沢プロの雀風が好きな人も多い。

黒沢咲のニュース・こぼれ話

2020年に女の子を出産!ファンからは祝福の声

黒沢は2019年に結婚と妊娠をしており、2020年7月2日に自身のブログにて「本日、第一子となる女の子を無事に出産しました!母子ともに元気です」と報告した。ファンからはたくさんの祝福の声が上がった。またファンからの出産祝いが自宅に届いたことをYouTubeを通して報告し、感謝の気持ちを述べている。

 

黒沢プロ、超一流ホテルの御令嬢!?


麻雀プロの間で、黒沢の父親と超一流のホテル社長が同姓同名であることから、社長令嬢ではないかという噂が飛び交っていが、「熱闘!Mリーグ」にて本人がこれを否定。しかし父親が経営者であることは本人も語っており、黒沢は社長令嬢ということになる。番組内では黒沢の料理の様子、そして妹・母親・父親家族総出で出演している。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top