麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【3/27  Mリーグ 結果】ABEMASがポイントを伸ばしトータル107.4ポイントに!

【3/27 Mリーグ 結果】ABEMASがポイントを伸ばしトータル107.4ポイントに!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「 Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」9日目が3月27 日(金)に開催された。

3月27日の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は土田、松嶋 ©AbemaTV

第1試合

第1試合は沢崎、松本、瑞原、魚谷の対戦。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

上位4チームの戦いとなったセミファイナル9日目。

東1局に松本が満貫ツモで好発進。

東1局 松本の白・赤2・ドラ1 2000-4000 ©AbemaTV

その後の東場では拮抗した状況が続き、南場で舞台が大きく動く。

南1局に松本、瑞原の2軒リーチをかわして魚谷が満貫ツモ。

南1局 松本の手牌 ©AbemaTV
南1局 瑞原の手牌 ©AbemaTV
南1局 魚谷のタンヤオ・赤1・ドラ3 2000-4000 ©AbemaTV

その後も魚谷が松本とのリーチ対決を制し、松本に跳満直撃。一気にトップ目に立った。

南2局 松本の手牌 ©AbemaTV
南2局 魚谷のリーチ・一発・一盃口・赤2・ドラ2 12000 ©AbemaTV

対して苦しいのはトータル3位、4位チームの松本、瑞原の二人。松本は13300点持ちの4着、瑞原は14800点持ちの3着で迎えたオーラスだったが、松本が4巡目にドラのを雀頭にした高目三色のリーチ。

瑞原も後に引けない状況で押し続けるも、松本が高目のをツモって跳満に仕上げた。2着順アップはできなかったものの、大きく素点を回復させた。

南4局 瑞原の手牌 ©AbemaTV
南4局 松本のリーチ・ツモ・三色・ドラ2 3000-6000 ©AbemaTV

高打点のアガリをしっかりとモノにした魚谷の勝利だった。

第1試合トップの魚谷 ©AbemaTV

勝利者インタビューで魚谷は「展開に恵まれてトップをとれてよかったと思います。ここまで来たら、よほどのことがない限り敗退はないと思うので、少しでもファイナルで有利になるように、ポイントを積み重ねたいと思います」とセミファイナル初トップの嬉しさを表した。

第1試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+55.8
2位 沢崎(サクラナイツ)+7.1
3位 松本(ABEMAS)▲14.7
4位 瑞原(Pirates)▲48.2

第1試合終了時点のチームランキング ©AbemaTV

 

第2試合

第2試合は内川、日向、朝倉、魚谷が出場。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

東3局に朝倉が満貫ツモでリード。

東3局 朝倉のリーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1 ©AbemaTV

東4局親番を迎えた朝倉。この親番でリードを広げたいが、魚谷がバラバラの配牌からオタ風のからしかけ、ホンイツへ向かう。

東4局 魚谷の手牌 ©AbemaTV

ここから字牌を重ね、ピンズを引き入れテンパイ。

東4局 魚谷の手牌 ©AbemaTV

そこに日向からリーチが飛んでくる。魚谷、日向のめくりあいに。

東4局 日向の手牌 ©AbemaTV

これを制したのは魚谷。魚谷が僅差のトップ目に立つ。

東4局 魚谷の北・ホンイツ・赤1 ©AbemaTV

南1局親番を迎えた日向。ドラのを切ってのシャンポンにとるか、カンにとるかの選択で、カンにとってリーチ。見事最後の1枚をツモり、一気にトップ目に。

日向のリーチ・ツモ・赤1・ドラ2 4000オール ©AbemaTV

勢いに乗った日向。魚谷のリーチと内川の仕掛けを受けながら満貫をテンパイするも、内川の満貫のアガリに。

南1局1本場 日向の手牌 ©AbemaTV
南1局 内川のダブ南・ホンイツ 8000 ©AbemaTV

南2局1本場、日向がが暗刻の5200点のテンパイだが果敢にリーチ。テンパイした内川から当たり牌が放たれ、日向の満貫のアガリに。

南2局1本場 内川の手牌 ©AbemaTV
南2局1本場 日向のリーチ・白・赤2 8000 ©AbemaTV

日向がリードを広げた南3局に朝倉が満貫ツモ。加点して親番を迎える。

南3局 朝倉のリーチ・ピンフ・ツモ・赤2 ©AbemaTV

第1試合瑞原のラスをうけ、朝倉はなんとか続けたいオーラスの親番だったが、内川が跳満をツモって3着から2着に着順を上げた。

南4局 内川のリーチ・一発・ツモ・中・赤1・ドラ1 ©AbemaTV

攻め入った日向の勝利となった。

第2試合トップの日向 ©AbemaTV

勝利者インタビューで日向は「またトータルポイント三桁に戻ってこれました。一戦目はもってぃ(松本)が苦しい中、オーラスに跳満をツモってくれて泣いちゃって(笑)それがあったからこそ、この勝利につなげられたと思います」と笑顔で話した。

ファンに向けては「チームにとって価値ある大きな一勝になったかと思います。まだまだ試合はありますので、一緒に見守っていただきたいと思います。ありがとうございました!」とポーズを決めた。

第2試合結果
1位 日向(ABEMAS)+55.4
2位 内川(サクラナイツ)+10.2
3位 朝倉(Pirates)▲13.2
4位 魚谷(フェニックス)▲52.4

3月27日トータル結果

ABEMAS +40.7
サクラナイツ +17.3
フェニックス +3.4
Pirates ▲61.4

3月27日終了時点チームランキング ©AbemaTV

次戦は3月29日(日)。KADOKAWAサクラナイツ、KONAMI麻雀格闘俱楽部、チーム雷電、U-NEXT Piratesが対戦する。

放送URL

3月28日終了時点 セミファイナルシリーズ個人成績

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top