麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
KADOKAWAサクラナイツ | 個性的な選手がそろい踏み!マエストロ、役満ボディー、小さな天才と、マムシ!?

KADOKAWAサクラナイツ | 個性的な選手がそろい踏み!マエストロ、役満ボディー、小さな天才と、マムシ!?

BULL2021求人ニルウッドカバー

KADOKAWAサクラナイツはMリーグ発足から1年後の2019年に参戦。チームのテーマを「カオス」と称し、広い年齢層の選手が揃い、コンテンツメーカーたるKADOKAWAらしいチーム構成でファンを楽しませている。

本記事では、KADOKAWAサクラナイツのチームの特徴や選手情報について紹介していく。

目次

KADOKAWAサクラナイツのチーム概要

チーム名 KADOKAWAサクラナイツ
オーナー 株式会社KADOKAWA
監督 森井巧
選手 内川幸太郎
岡田紗佳
沢崎誠
堀慎吾
公式SNS Twitter
YouTube

チーム名はオーナーの株式会社KADOKAWAが2020年7月に建てた、総合文化施設「ところざわサクラタウン」のサクラと、騎士のような精神をという意味から名付けられた。

チームインタビュー動画などをご覧になってもらうと分かるように、それぞれ年齢の差を感じさせないアットホームな雰囲気のチームである。

【Mリーグ】KADOKAWAサクラナイツインタビュー「優勝できなかったということは負けなので、ただただ悔しい」

Mリーグ戦績

Mリーグ2019

 

順位

総合ポイント

レギュラーシーズン

4位

48.4pt

セミファイナル

1位

284.7pt

ファイナルシーズン

4位

-249.1pt

Mリーグ2020

 

順位

総合ポイント

レギュラーシーズン

2位

497.3pt

セミファイナル

2位

294.5pt

ファイナルシーズン

2位

103.4pt

KADOKAWAサクラナイツのチームメンバー

内川 幸太郎(うちかわ こうたろう)

異名

手順マエストロ

生年月日

1981年5月6日

出身地

長野県松本市

血液型

O型

趣味

お酒、ゲーム、サッカー観戦

公式SNS

Twitter
note

所属プロ団体

日本プロ麻雀連盟

主なタイトル

第35期十段位決定戦

学生時代はサッカーをしており、最近では流行りのFPSゲームやスマホゲームに熱中するなど、とても多趣味な人物である。24歳の時にプロテスト合格、その正確無比な打ち筋から「手順マエストロ」と呼ばれる。プロ入り後は地元の長野で麻雀店を経営し、週末は東京でリーグ戦という経営者とプロの二足のわらじを履いていた。

のちに本格的にプロ活動に専念するため、麻雀店の権利を譲って上京。内川自身はMリーグへの加入を熱望していたが、2018年のドラフトでは指名されず。Mリーガーにはなれなかったものの、その年に待望のG1タイトル「十段位」を獲得した。努力の甲斐あってか翌年、新規参入のKADOKAWAサクラナイツから、見事ドラフト1位指名を受けることになった。

Mリーグ2020 個人成績

 

試合数

総局数

ポイント

レギュラーシーズン

26

304

468.7pt

セミファイナル

5

55

38.9pt

ファイナルシーズン

4

45

1pt

「プロをやめようと思っていた」内川幸太郎の転機 Mリーガー列伝(15)

岡田 紗佳(おかだ さやか)

異名

役満ボディ
完全武装アフロディーテ

生年月日

1994年2月19日

出身地

東京都

血液型

O型

趣味

ゲーム、アニメ、歌

公式SNS

Twitter
Instagram

所属プロ団体

日本プロ麻雀連盟

主なタイトル

女流雀士プロアマNo.1決定戦てんパイクイーンSeason3・4・5優勝
八局麻雀5・7優勝

東京で生まれたのち、祖母の住む中国へ。そこで出会ったのが麻雀だったという。高校時代からモデルとして活動しながらも麻雀の腕前を磨き、2017年にプロ入りを果たす。身長170cm、B85、W58、H83と抜群のスタイルから「役満ボディ」と呼ばれることも。

岡田の特徴は、とても研究熱心なことだ。チームメイト、ファンからも日に日に麻雀に対する成長を感じられると評判。SNSでは麻雀以外にも、自身の趣味のアニメ・ゲームに関する情報をこまめに発信しており、多様なコンテンツを作るKADOKAWAとの親和性が高いとの評価から指名されたこともあって、様々な視点のファンを持つ。

Mリーグ2020 個人成績

 

試合数

総局数

ポイント

レギュラーシーズン

15

178

33.6pt

セミファイナル

4

48

56.7pt

ファイナルシーズン

2

20

14pt

岡田紗佳「いい意味で諦めがつくようになった」その精神的支柱とは Mリーガー列伝(16)

沢崎 誠(さわざき まこと)

異名

マムシの沢崎

生年月日

1955年1月13日

出身地

群馬県安中市

血液型

B型

趣味

散歩

公式SNS

Twitter

所属プロ団体

日本プロ麻雀連盟

主なタイトル

第13期十段位
第16・27期麻雀マスターズ
麻雀最強戦2013
第14回モンド名人戦
第14回モンド王座

沢崎はMリーグで最年長、プロ歴35年を超える大ベテランである。普段は優しいおじいちゃんといった、印象そのままの親しみやすい人物なのだが、麻雀となると人が変わる。相手にしぶとく食らいつき、離さないその姿勢から「マムシ」と評されるほどだ。

雀風は基本に忠実ではあるものの、時に大胆で読みにくい、アグレッシブな麻雀をすることもある。これは沢崎の長年の経験がなせる技と言える。この打ち筋から時に沢崎プロは、場の空気を飲み込む「モンスター」とも称され、2019年Mリーグでは多くの対戦者を震え上がらせ、視聴者を驚かせた。

Mリーグ2020 個人成績

 

試合数

総局数

ポイント

レギュラーシーズン

21

281

-280.6pt

セミファイナル

3

31

-87.5pt

ファイナルシーズン

2

23

-33.8pt

沢崎誠が決意した日「感動を生み出せる打ち手になりたい」 Mリーガー列伝(17)

堀 慎吾(ほり しんご)

異名

小さな天才

生年月日

1984年3月23日

出身地

新潟県

血液型

A型

趣味

ゲーム

公式SNS

Twitter

所属プロ団体

日本プロ麻雀協会

主なタイトル

第12期最高位戦Classic優勝
第18期雀王

堀は若い頃から勝つことを追い求め、強さには自信があった。しかし、プロになることは特に考えていなかったという。そんな彼がなぜプロになったのか尋ねると、意外な答えが返ってきた。堀プロは同じ麻雀店で働く女性に恋をしていた。彼女がある日「麻雀プロってかっこいいよね」と言ったそうだ。それに対して堀は「僕より弱い奴がかっこいいわけがない。強いことがかっこいいんだ。プロになってそれを証明してやろう」と一念発起したのだという。

その後、鈴木たろうをはじめ、数々の強者と対局していくうちに、自分が思っていた強さは自惚だったと気付き、さらに研鑽に励んだという他のプロ雀士からは尊敬と畏怖の念を込めて「天才」と呼ばれることが多い。その強さを見込まれて、2020年からKADOKAWAサクラナイツの一員として戦うことが決まった。

Mリーグ2020 個人成績

 

試合数

総局数

ポイント

レギュラーシーズン

28

313

275.6pt

セミファイナル

4

51

37.7pt

ファイナルシーズン

4

40

-25.1pt

堀慎吾、プロ入り最大の動機は「怒り」 Mリーガー列伝(18)

KADOKAWAサクラナイツの対局模様

【Mリーグ2019 レギュラーシーズン9日目第1戦】2019/10/14

岡田がMリーガーと初めての年の2019シーズン。これまで3戦してきたが、なかなか勝ちきれず苦しい展開が続いていた。そんななか迎えた第4戦目、対戦相手は黒沢、亜樹、園田という強者揃い。序盤から積極的に仕掛け、聴牌まではいくものの園田、亜樹に阻まれる。それでもなんとか食らいつき、トップを射程圏内にとらえたところで南場へ。南場では配牌にも恵まれ、順調に点数を稼いでいく。そしてとうとうトップになるが、園田、亜樹との差はわずか。最後まで目が離せない接戦となった。

そしてトップのまま迎えたオーラス。5巡目まで周ったところで聴牌となる。オリて流局狙いという手もあったのだが、相手のペースを狂わせるために岡田プロはリーチを選択。これが功を奏し、一発ツモで4,000オール。見事にMリーグ初トップを獲得した。Mリーグ最年少であることや、モデル出身であることなどから、様々なプレッシャーを感じていたと言うが、それを跳ね除ける一局となった。そしてその後のインタビューでは、親交の深い松本圭世リポーターの顔を見て、安堵の涙を浮かべたのだった。

【10/14 Mリーグ 結果】サクラナイツ・岡田が涙の初勝利!風林火山・亜樹も今期の初勝利を飾る!

【Mリーグ2020 ファイナルシリーズ3日目】2021/5/13

ファイナルへ進出し、2位につけたKADOKAWAサクラナイツだったが、1位のABEMASとの差は150ポイント以上開いており、逆転は難しいと言われていた。シリーズ3日目第1戦は岡田が2位で上がり、じわじわと差を詰めて迎えた第2戦に堀が出陣。対局者は村上、滝沢、松本。

東場は松本が一歩リードして終了。迎えた南場で堀が爆発する。南1局1本場、親の村上が2巡目で早くもリーチをかけてきた。しかし堀は放銃を恐れずに高目を狙う。そして、四暗刻のイーシャンテンを引き寄せる。結果として四暗刻は崩す形となるが、9巡目にリーチをかけ一発ツモ。リーチ・一発・ツモ・北・一盃口、さらに裏ドラ3枚を乗せて、トップに躍り出た。最後までそのリードを守り切り1位抜け。チームとしてもトップのABEMASに7.8ポイント差まで迫る、大躍進を見せた。

【5/13 Mリーグ2020 2戦目結果】サクラナイツ・堀が倍満の一撃でトップ!ABEMASが苦しみ優勝戦線は大接戦に!!

KADOKAWAサクラナイツのニュース

「KADOKAWAサクラナイツ」と「BOOK WALKER」がコラボ開始!

BOOK WALKER」とは、KADOKAWAが展開している総合電子書籍販売サイトである。Mリーグ2020から、KADOKAWAサクラナイツのチームスポンサーにもなっている。そんな「BOOK WALKER」とKADOKAWAサクラナイツのコラボ企画が始まっていることをご存知だろうか。

 YouTubeのBOOK WALKER公式チャンネルでは、各選手のオススメ書籍紹介動画などを公開。「BOOK WALKER」では内川プロが監修を担当している「鳴かせてくれない上家さん」や、岡田プロが原作を手がけたことで話題の「ゴールデン桜」を読むことができる。

今後もキャンペーンや特別企画が発表される可能性があるので、公式Twitterのチェックは必須だ。

スポーツドリンクのピンクイオンがチームスポンサーに

2021シーズンから、スポーツドリンクの製造販売を手掛けるピンクイオンがチームスポンサーに就任。チームカラーの桜色とぴったりなピンク色の清涼飲料水のロゴが入ったユニフォームに注目。

【Mリーグ】スポーツドリンクの『ピンクイオン』がKADOKAWAサクラナイツのチームスポンサーに就任!

 

堀監修の麻雀漫画『切れぬ牌などあんまりない!』の単行本発売!

宇城はやひろ先生の作品で、堀が監修を務める『切れぬ牌などあんまりない!』の単行本第1巻が、5月27日に発売した。

この漫画は大人気コンテンツ「東方Project」のキャラクターが、様々な能力を駆使して熱い麻雀バトルを繰り広げる物語で、麻雀初心者でも読みやすい内容となっている。キャラクターやストーリーの魅力だけではなく、堀プロの監修によって本格的な対局の様子が再現されているため、麻雀好きにもぜひ読んでもらいたい作品である。

『切れぬ牌などあんまりない!』の販売ページへはこちらから!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top