麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/16  Mリーグ2020 結果】フェニックス・近藤、サクラナイツ・内川が今季初トップ!第二試合は茅森の搶槓にたろうの倍満と刺激的なゲームに!

【10/16 Mリーグ2020 結果】フェニックス・近藤、サクラナイツ・内川が今季初トップ!第二試合は茅森の搶槓にたろうの倍満と刺激的なゲームに!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン8日目の対局が10月16日(金)に開催された。

10月16日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉、寿人 ©ABEMA

第1試合

第1試合は園田、近藤、亜樹、沢崎の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局2本場、親の近藤がドラ単騎のリーチで6000オールを決めていきなり大きなリードを得る。

東1局2本場 近藤の6000オール ©ABEMA

3本場では沢崎のリーチに自身も8000の聴牌で攻め込んだ園田だったが、沢崎が園田から8000のアガリを決めた。

東1局3本場 沢崎の8000 ©ABEMA

その後は亜樹がリーチ攻勢に出てアガリを決め、徐々に近藤との差を詰めた。

南1局1本場 亜樹の1000・2000 ©ABEMA
南2局 亜樹の2000・4000 ©ABEMA

亜樹はあと一歩まで迫ったが、オーラスは近藤がかわして自身の今季初トップを決めた。

南4局 近藤の1000 ©ABEMA
第1試合トップの近藤 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 近藤(フェニックス)+70.7
2位 亜樹(風林火山)+14.4
3位 沢崎(サクラナイツ)▲24.6
4位 園田(ドリブンズ)▲60.5

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、茅森、勝又、内川が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局に内川が早いリーチでたろうから裏3の12000をアガり一歩リードを得る。

東1局 内川の12000 ©ABEMA

その後はたろうが手を入れて聴牌、リーチにたどり着くもことごとく勝又、内川が競り勝つ展開に。

南1局 勝又の2900 ©ABEMA
南1局1本場 内川の1300・2600 ©ABEMA

南3局にはMリーグ初の珍事が発生。

ピンズのホンイツでをポンしていた北家のたろうがの形の5200聴牌。そこに親番の茅森がタンヤオ赤3のカン待ちとなっていた。

現状茅森の待ちは山にいない状態だが、なんとここからたろうがを引き、待ちを選択できる状態に。ラス目のたろうは高打点を優先してを加カン。

茅森はMリーグ史上初の搶槓のアガリを決めた。

南3局 4pを加カンしたたろうの手牌 ©ABEMA
南3局 茅森の槍槓での12000 ©ABEMA

しかしこの語の1本場、たろうは茅森から3900のアガリでオーラスの3着浮上の為の倍満条件を作ると、オーラスに平和赤2ドラ2の聴牌。リーチしてツモって裏1の倍満を決めて劇的な着順浮上となった。

トップは序盤のリードを活かした内川の逃げ切りとなった。

南3局1本場 たろうの3900 ©ABEMA
南4局 たろうの4000・8000 ©ABEMA
第2試合トップの内川 ©ABEMA
第2試合の詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+59.0
2位 勝又(風林火山)+9.5
3位 たろう(ドリブンズ)▲24.1
4位 茅森(フェニックス)▲44.4

10月16日トータル結果

サクラナイツ +34.4
フェニックス +26.3
風林火山 +23.9
ドリブンズ ▲84.6

ドリブンズはやや苦戦でポイントを減らしたが、連続4着は回避して踏みとどまった。サクラナイツは200ポイント近くまで載せややリード。10月の戦いもこれより後半に差し掛かる。

10月16日終了時点チームランキング ©ABEMA
10月16日終了時点個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top