麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/3 Mリーグ2020 結果】第一試合はPirates・朝倉が苦境を脱するトップ!第二試合はドリブンズ・園田がチームに久々のトップを持ち帰る!

【12/3 Mリーグ2020 結果】第一試合はPirates・朝倉が苦境を脱するトップ!第二試合はドリブンズ・園田がチームに久々のトップを持ち帰る!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン35日目の対局が12月3日(木)に開催された。

12月3日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉、渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は村上、朝倉、日向、黒沢の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

個人首位でここまでラスがない村上。チームの3連続ラスの後の出番だったが、この試合は苦しい戦いとなった。

東1局は親の朝倉が2000オールのアガリで先制。

東1局 朝倉の2000オール ©ABEMA

その後の1本場では黒沢が村上との2軒リーチを制して2000・4000で朝倉をかわしてトップ目に立つ。

東1局1本場 黒沢の2000・4000 ©ABEMA

東2局は日向のリーチに親で追いついた村上が聴牌打牌で8000の放銃となり苦しい展開となった。

東2局 日向の8000 ©ABEMA

その後も日向が小刻みにアガリを重ねトップ目で南入する。

東4局 日向の2600 ©ABEMA

流局が続いた後の南2局3本場、村上の先制リーチに追いかけた朝倉が村上から8000のアガリでわずかながらトップ目に浮上する。

南2局3本場 朝倉の8000 ©ABEMA

その後の南3局でも朝倉が日向から5200のアガリを決めてリードを広げた。

南3局 朝倉の5200 ©ABEMA

南4局は日向は形式聴牌を入れる選択もあったが、現状の着順を守り切る選択で流局。朝倉が待望の個人2勝目を手にした。

村上は苦しい展開での4着。個人初ラスと共に、レギュラーシーズン史上初のチーム4連ラスとなった。

第1試合トップの朝倉 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 朝倉(Pirates)+65.5
2位 日向(ABEMAS)+11.9
3位 黒沢(雷電)▲19.9
4位 村上(ドリブンズ)▲57.5

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田、石橋、多井、瀬戸熊が出場。全チームはメンバーチェンジとなった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は形式聴牌を我慢して門前にこだわった瀬戸熊が終盤での聴牌で4000オールを決めて一歩リード。

東1局 瀬戸熊の4000オール ©ABEMA

その後は接戦の展開が続いたが、東4局1本場に園田が切りリーチでのカン待ちのリーチ。石橋の専売特許のこの技を披露した。結果は親で聴牌を入れた石橋からのアガリとなった。切りリーチでも切られそうな場面だったが、お株を奪う一打が話題となった。

東4局1本場 園田の5200 ©ABEMA

南1局には3軒聴牌を制して石橋が高めの三色を一発でツモって3000・6000。ラス目から一気にトップ目に浮上した。

南1局 石橋の3000・6000 ©ABEMA

大接戦のまま迎えた南3局2本場は多井がメンゼンチャンタのリーチ。瀬戸熊が仕掛けた満貫確定のホンイツの聴牌も、親リーチの園田が多井から12000のアガリで大きなリードを得た。

南3局2本場 園田の12000 ©ABEMA

オーラスは瀬戸熊が条件付きながらも高めツモでトップ浮上を見えるリーチ。親の石橋も追いかけ、ラス目の多井も跳満確定のメンホンの聴牌を入れたが、すべてをかわして園田が仕掛けてアガリを決めて決着。

4連ラスと苦しい時間を過ごしたドリブンズが久しぶりの勝利を飾った。

南4局 瀬戸熊のリーチ ©ABEMA
南4局 多井の聴牌 ©ABEMA
南4局 園田の1000・2000(タンヤオ三色ドラ1) ©ABEMA
第2試合トップの園田 ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+68.0
2位 石橋(Pirates)+4.4
3位 瀬戸熊(雷電)▲15.8
4位 多井(ABEMAS)▲56.6

12月3日トータル結果

Pirates+69.9
ドリブンズ+10.5
雷電▲35.7
ABEMAS▲44.7

ドリブンズの連続4着記録は4でストップ。ABEMASの連続ラス回避記録も14でストップとなった。Piratesはあと1トップでプラス圏浮上まで迫った。

12月3日終了時点チームランキング ©ABEMA
12月3日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top